コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走らかす ハシラカス

2件 の用語解説(走らかすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしら‐か・す【走らかす】

[動サ四]
走るようにする。走らせる。
「男(をのこ)どもあまた―・したれば」〈徒然・八七〉
耳目が働くようにする。
「いいかげんに空耳を―・せえ」〈人・梅児誉美・後〉
屏風(びょうぶ)・幕などを引きめぐらす。立てめぐらす。
「隔子(かうし)の内には金屏風―・し」〈仮・東海道名所記
汁などに調味料をちょっと加える。また、手軽な食事をとる。
「薄鍋に醤油を―・し、日本一の御吸物ありと」〈浮・諸艶大鑑・一〉
割ることを、船乗り仲間が忌んでいう語。
「素頭(すかうべ)微塵に―・し」〈浄・千本桜

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はしらかす【走らかす】

( 動四 )
走らせる。 「をのこども、あまた-・したれば/徒然 87
立てる。置く。 「格子の内には金屛風-・し/仮名草子・東海道名所記」
煮立たせる。 「薄鍋に醬油-・し/浮世草子・諸艶大鑑 1
「割る」の意の忌み詞。 「素頭すこうべ微塵に-・し/浄瑠璃・千本桜」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone