コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走らかす ハシラカス

2件 の用語解説(走らかすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしら‐か・す【走らかす】

[動サ四]
走るようにする。走らせる。
「男(をのこ)どもあまた―・したれば」〈徒然・八七〉
耳目が働くようにする。
「いいかげんに空耳を―・せえ」〈人・梅児誉美・後〉
屏風(びょうぶ)・幕などを引きめぐらす。立てめぐらす。
「隔子(かうし)の内には金屏風―・し」〈仮・東海道名所記
汁などに調味料をちょっと加える。また、手軽な食事をとる。
「薄鍋に醤油を―・し、日本一の御吸物ありと」〈浮・諸艶大鑑・一〉
割ることを、船乗り仲間が忌んでいう語。
「素頭(すかうべ)微塵に―・し」〈浄・千本桜

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はしらかす【走らかす】

( 動四 )
走らせる。 「をのこども、あまた-・したれば/徒然 87
立てる。置く。 「格子の内には金屛風-・し/仮名草子・東海道名所記」
煮立たせる。 「薄鍋に醬油-・し/浮世草子・諸艶大鑑 1
「割る」の意の忌み詞。 「素頭すこうべ微塵に-・し/浄瑠璃・千本桜」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

走らかすの関連キーワード拗らせる濁す眠らせる走らす走らせる馳せる流行らせる光らす光らせる筆を走らせる

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone