コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小千谷市(読み)おぢや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小千谷〔市〕
おぢや

新潟県中部,信濃川の中流域にある市。1954年城川村,千田村の 2村を編入して市制。同年川井村および六日市村,東山村 2村のそれぞれ一部,1955年岩沢村,真人村の 2村,1956年片貝町を編入。南東部に長岡市の飛び地がある。中心市街地の小千谷河岸段丘上にあり,江戸時代は三国街道宿場町。信濃川,魚野川の河川交通の要地としても繁栄した。寛文年間(1661~73)から始まった小千谷縮やハゼの実の集散地として,この地方の中心地となった。近代以降も小千谷縮の生産は伝えられ,伝統的に米菓,酒造などの食品工業が盛んであるが,工業団地が造成された結果,主力は半導体,鉄鋼,機械工業に移行した。東部ではニシキゴイの養殖が行なわれ,北部では花火が特産。時水の城跡,国指定重要文化財を有する魚沼神社,妙高寺,サクラの名所船岡公園などがあり,国指定重要無形民俗文化財「牛の角突きの習俗」(→闘牛)を伝える。市域の一部は長岡東山山本山県立自然公園に属する。JR上越線,飯山線,国道17号線などが通り,関越自動車道インターチェンジがある。面積 155.19km2。人口 3万6498(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小千谷市の関連情報