コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義康(読み)あしかがよしやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義康
あしかがよしやす

[生]大治2(1127)
[没]保元2(1157).5.29.
平安時代後期の武将。足利氏の祖。源義家の孫。義国の子。鳥羽上皇北面の武士足利陸奥判官と称せられ,保元の乱の功により昇殿を許された。 (→保元・平治の乱 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義康 あしかが-よしやす

?-1157 平安時代後期の武将。
源義国の子。父からゆずられた下野(しもつけ)(栃木県)足利荘(しょう)を本拠とし,足利氏の祖となった。鳥羽(とば)上皇につかえて北面の武士となり,検非違使(けびいし)に任じられる。保元(ほうげん)の乱には後白河天皇方で活躍,その功により昇殿をゆるされた。保元2年5月29日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義康

没年:保元2.5.29(1157.7.7)
生年:生年不詳
平安末期の武士。源義国の子。母は源有房の娘という。鳥羽上皇の北面(院の御所の北面に祗候)から蔵人,検非違使に任ぜられ,父が下野(栃木県)に籠居したのちも京で活動し,保元1(1156)年の保元の乱では後白河天皇方にあって平清盛,源義朝に次ぐ軍勢を率いて勲功をあげ,平家弘らを捕らえ大江山にて斬首。これにより昇殿を許され,五位の検非違使となる。しかし間もなく死去したため平治の乱には加わっていない。所領の下野国足利荘は鳥羽上皇が建立した安楽寿院に康治1(1142)年に寄進されており,近くの簗田御厨(足利市)をも得て,子孫はこの一帯に根拠地を占めて繁栄した。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしやす【足利義康】

?‐1157(保元2)
平安後期の武将。源義家の孫。義国の子。新田義重の弟。室は藤原季範の長男範忠の女。下野国足利を本拠とし藤原姓足利氏と所領を争った。鳥羽上皇が建立した安楽寿院へ足利荘を寄進し,在京して父とともに北面の武士として上皇に仕え,保元の乱(1156)では後白河天皇方に属し義朝らとともに活躍,この功により蔵人となり昇殿を許され陸奥守に任官した。【青山 幹哉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義康
あしかがよしやす
(?―1157)

平安後期の武将。源義家(よしいえ)の孫、義国(よしくに)の子。母は信濃守(しなののかみ)源有房の娘。父から下野(しもつけ)国(栃木県)足利庄(しょう)を譲られ、ここを本拠として足利氏を称し、その祖となる。1142年(康治1)鳥羽(とば)上皇が建立した安楽寿院(あんらくじゅいん)に足利庄を寄進、同庄の下司となる。在京して鳥羽上皇に仕え、北面の武士となり、右衛門尉(じょう)、検非違使(けびいし)に任ぜられた。1156年(保元1)の保元(ほうげん)の乱には後白河(ごしらかわ)天皇方として活躍、功により昇殿を許され、左衛門尉、蔵人(くろうど)、従(じゅ)五位下となった。妻は熱田大宮司範忠(あつただいぐうじのりただ)の娘(源義朝(よしとも)の妻の姪(めい))。保元2年5月29日死去。[上横手雅敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android