コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義康 あしかがよしやす

5件 の用語解説(足利義康の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義康
あしかがよしやす

[生]大治2(1127)
[没]保元2(1157).5.29.
平安時代後期の武将。足利氏の祖。源義家の孫。義国の子。鳥羽上皇北面の武士。足利陸奥判官と称せられ,保元の乱の功により昇殿を許された。 (→保元・平治の乱 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義康 あしかが-よしやす

?-1157 平安時代後期の武将。
源義国の子。父からゆずられた下野(しもつけ)(栃木県)足利荘(しょう)を本拠とし,足利氏の祖となった。鳥羽(とば)上皇につかえて北面の武士となり,検非違使(けびいし)に任じられる。保元(ほうげん)の乱には後白河天皇方で活躍,その功により昇殿をゆるされた。保元2年5月29日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義康

没年:保元2.5.29(1157.7.7)
生年:生年不詳
平安末期の武士。源義国の子。母は源有房の娘という。鳥羽上皇の北面(院の御所の北面に祗候)から蔵人,検非違使に任ぜられ,父が下野(栃木県)に籠居したのちも京で活動し,保元1(1156)年の保元の乱では後白河天皇方にあって平清盛,源義朝に次ぐ軍勢を率いて勲功をあげ,平家弘らを捕らえ大江山にて斬首。これにより昇殿を許され,五位の検非違使となる。しかし間もなく死去したため平治の乱には加わっていない。所領の下野国足利荘は鳥羽上皇が建立した安楽寿院に康治1(1142)年に寄進されており,近くの簗田御厨(足利市)をも得て,子孫はこの一帯に根拠地を占めて繁栄した。

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしやす【足利義康】

?‐1157(保元2)
平安後期の武将。源義家の孫。義国の子。新田義重の弟。室は藤原季範の長男範忠の女。下野国足利を本拠とし藤原姓足利氏と所領を争った。鳥羽上皇が建立した安楽寿院へ足利荘を寄進し,在京して父とともに北面の武士として上皇に仕え,保元の乱(1156)では後白河天皇方に属し義朝らとともに活躍,この功により蔵人となり昇殿を許され陸奥守に任官した。【青山 幹哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義康
あしかがよしやす
(?―1157)

平安後期の武将。源義家(よしいえ)の孫、義国(よしくに)の子。母は信濃守(しなののかみ)源有房の娘。父から下野(しもつけ)国(栃木県)足利庄(しょう)を譲られ、ここを本拠として足利氏を称し、その祖となる。1142年(康治1)鳥羽(とば)上皇が建立した安楽寿院(あんらくじゅいん)に足利庄を寄進、同庄の下司となる。在京して鳥羽上皇に仕え、北面の武士となり、右衛門尉(じょう)、検非違使(けびいし)に任ぜられた。1156年(保元1)の保元(ほうげん)の乱には後白河(ごしらかわ)天皇方として活躍、功により昇殿を許され、左衛門尉、蔵人(くろうど)、従(じゅ)五位下となった。妻は熱田大宮司範忠(あつただいぐうじのりただ)の娘(源義朝(よしとも)の妻の姪(めい))。保元2年5月29日死去。[上横手雅敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義康の関連キーワード家の子郎等斎藤友実昌俊平盛俊田代信綱源有綱源有房(1)源有房(2)源義国望月氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone