コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利荘 あしかがのしょう

3件 の用語解説(足利荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

足利荘【あしかがのしょう】

下野国足利郡の荘園。現栃木県足利市一帯。1142年源義国が私領を山城安楽寿(あんらくじゅ)院に寄進して立荘。当初の田畠約205町,安楽寿院への年貢は国絹71疋余・四丈白布200端・油5石。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがのしょう【足利荘】

下野国の荘園。栃木県足利市一帯。源義国が,義家から譲渡された足利郡内の開発私領を,鳥羽上皇の御願寺である安楽寿院に寄進することによって,1142年(康治1)に立券された。領家職は安楽寿院から美福門院,八条院を経て大覚寺統へと伝領され,荘官(下司)職は足利氏が相伝した。成立当初の足利荘は田98丁余,畠106丁余からなり,国絹71疋余,四丈白布200端,油5石が,安楽寿院に納められた。1183年(寿永2)の野木宮合戦で藤姓足利氏が没落したのに対して,源頼朝の麾下(きか)に入った足利義兼が鎌倉政権内で重きをなすようになり,源姓足利氏はしだいに勢力を拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利荘
あしかがのしょう

下野(しもつけ)国足利郡、梁田(やなだ)郡(栃木県足利市)の全域に成立した荘園(しょうえん)。1142年(康治1)に安楽寿院(あんらくじゅいん)領足利荘(田畑それぞれ約100町)、翌1143年伊勢二宮(いせにぐう)領梁田御厨(やなだみくりや)が成立した。この地域において、秀郷(ひでさと)流藤原姓の足利氏(家綱(いえつな)、俊綱(としつな)、忠綱(ただつな))と源姓足利氏(義国(よしくに)、義康(よしやす)、義清(よしきよ))が勢力を競い合っていたが、治承(じしょう)・寿永(じゅえい)内乱期に前者が滅亡すると、源姓足利氏が支配権を確立し、足利荘と梁田御厨を含めて足利荘と称するようになった。鎌倉・南北朝時代を通じて足利氏の基盤となり、室町時代には将軍家御料所(直轄領)として幕府政所(まんどころ)の支配下にあったが、享徳(きょうとく)の乱の最中1466年(文正1)にこの地は長尾景人(ながおかげひと)に与えられ、長尾氏は1590年(天正18)までこの地を支配した。[峰岸純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone