コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足浴 アシヨク

4件 の用語解説(足浴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あし‐よく【足浴】

そくよく(足浴)

そく‐よく【足浴】

部分浴の一。足首から先を湯に浸して血行を促す温浴法。足湯(あしゆ)。あしよく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そくよく【足浴】

部分浴の一。足の先から足首までの部分を湯につける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足浴
そくよく

足を温湯に浸(つ)けて温め洗うことをいう。全身浴(入浴)のできないときや足の疲労の激しいときに、バケツや洗面器に温湯を入れ、足を温めてから洗うわけであるが、入浴のできない病人にとっては、入浴のさっぱりした気分が味わえ、血液の循環が促されて足元が温まり、安眠が得られるという効果がある。寝たきりの病人に足浴を行う場合は、ベッドの足元にゴム布、ビニル布を敷き、その上にバスタオルを広げて洗面器を置く。洗面器にはややぬるめの湯を半量入れ、足を浸けて湯に慣れさせてから差し湯をして病人の好む温度に変えていく。最初から介助者の手でちょうどよいと感じる温度では、とかく病人にとっては熱すぎることが多いものである。洗う部分以外は綿毛布やタオルケットで覆い、寒さや恥ずかしさを感じさせない配慮をする。洗い終えたら洗面器を取り除き、バスタオルの上に足を置かせて水滴をよくぬぐい、必要ならパウダーを散布する。足の爪(つめ)を切るときは足浴後に行うようにする。長期臥床(がしょう)者は、かかとの部分が角質化して皮膚が固くなっているので、栄養クリームを擦り込むと効果的である。長期間歩行していない病人には、この足浴中に土踏まずを圧迫して指先から足背部、足底部をマッサージするとたいへん快く感じられ、尖足(せんそく)(足関節が底側屈曲位に固定する状態)の予防にもなる。[山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足浴の関連キーワード茹でる温湯浸法柿浸し酒湯足骨部分浴湯通し手浴全身浴温金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足浴の関連情報