コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塘路湖 とうろこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塘路湖
とうろこ

北海道東部,釧路平野東部の標茶町にある海跡湖。面積 6.3km2。周囲 18km。最大水深 7m。湖面標高 8m。湖名はアイヌ語のトーオロ(湖沼のあるところの意)に由来。完新世沖積世)の海進により生成され,海退後も埋積を免れた溺れ谷に湛水したもの。湖の西端から釧路川へ排水する。ワカサギ,コイ,ウナギなどが養殖され,湖面にはアイヌの常食となったペカンペ(ヒシの一種)が生育。ヒシの実の豊かな実りに感謝するため,毎年 9月上旬ペカンペ祭が湖畔で開催される。釧路湿原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうろこ【塘路湖】

北海道東部,釧路支庁標茶(しべちや)町の南部にある湖。まわりを低い丘陵に囲まれた海跡湖で,面積約6.2km2,周囲約18km,最深部の水深は7m。湖の西側から釧路川に流出する。沖積世の時代に海進によってつくられた溺れ谷が,海退後に水が流れ込んで湖となったものである。タンチョウ(特天)が飛来し,湖ではペカンペ(ヒシの実)が採れ,またワカサギ,コイ,ハゼ,ウナギの養殖が行われる。湖畔には竪穴住居跡やアイヌのチャシなどの遺跡が散在し,また標茶町郷土館,キャンプ場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕塘路湖(とうろこ)


北海道東部、釧路(くしろ)湿原の東部にある海跡湖(かいせきこ)。面積6.3km2。ワカサギ・ハゼ・コイなどを養殖。ペカンペ(アイヌ語で、ヒシの実の意)がとれることで知られる。湖畔にはキャンプ場・郷土資料館がある。釧路湿原国立公園の一角を占める。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塘路湖
とうろこ

北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の標茶(しべちゃ)町にある海跡湖。釧路湿原にあり、隣接するシラルトロ沼、達古武(たっこぶ)沼をあわせて塘路三湖という。塘路湖の面積6.2平方キロメートル、周囲約18キロメートル、湖面標高約8メートル、最深部水深7メートル。完新世(沖積世)の海進によってできた溺(おぼ)れ谷が海退後も残存したもので、淡水魚のコイ、ワカサギなどの養殖が行われている。湖畔には標茶郷土館、キャンプ場、休憩施設などがある。冬は湖上が凍結し、スケートも行われる。JR釧網(せんもう)本線塘路駅に近い。[進藤賢一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塘路湖の関連キーワード塘路湖エコミュージアムセンター あるこっとマリモ(毬藻)標茶(町)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塘路湖の関連情報