コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏まえる フマエル

デジタル大辞泉の解説

ふま・える〔ふまへる〕【踏まえる】

[動ア下一][文]ふま・ふ [ハ下二]
しっかりと足で踏みつける。「大地を―・えて立つ」
判断のよりどころにする。根拠とする。「経験を―・えた助言」「事実を―・えて論じる」
あれこれ思案する。配慮する。
「左様に後先―・へ用心せば」〈仮・可笑記・五〉
支配下に入れる。掌握する。
「石川の城を―・へさせて」〈太平記・二七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふまえる【踏まえる】

( 動下一 ) [文] ハ下二 ふま・ふ
〔動詞「踏む」に接尾語「ふ」の付いたもの〕
しっかり踏んでその上に立つ。踏みつける。ふんまえる。 「大地を-・える」
ある事を考慮に入れる。ある事を前提にして考えをすすめる。 「後先を-・えない、単なる思い付き」 「個々の事情を-・えて方針をたてる」
根拠地とする。 「石川城を-・へさせて/太平記 27

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踏まえるの関連キーワード都道府県がん対策推進計画システム・アプローチホログラフィック原理先進国と途上国当世書生気質石人・石獣観光地理学精神科病院指導要録教育相談しりとり鶴の巣籠臨済宗踏まえ接尾語繁野話大黒天後先足下

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

踏まえるの関連情報