コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏む/履む/践む フム

2件 の用語解説(踏む/履む/践むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ・む【踏む/履む/践む】

[動マ五(四)]
足で体重をかけて上から押さえる。足であるものの上にのる。「麦を―・む」「猫のしっぽを―・む」「ブレーキを―・む」
交互に足を上げ下げする。「四股(しこ)を―・む」「地団駄(じだんだ)を―・む」
その場に身を置く。ある場所を訪れる。「ヨーロッパの土を―・む」
実際に経験する。「場数を―・む」「初舞台を―・む」
決まったやり方に従って行う。「複雑な手続きを―・む」
守り行う。「人として―・み行うべき道」
(「御百度を踏む」などの形で)お参りをする。参詣する。「願かけに御百度を―・む」
前もって見当をつける。見積もりや値ぶみなどをする。「どう―・んでも安物だ」
句の末や頭に同じ韻に属する文字を用いる。押韻する。「頭韻を―・む」
10 借金などを返さないで、相手に損害を与える。
「お前さんなんぞに借りてる物なんか、―・んで死ぬ様な吉里じゃあないからね」〈柳浪今戸心中
11 地位に就く。「帝位を―・む」
12 信用取引で、売建玉を損を承知で買い戻す。
13 足で下のものを押さえつけて前へ進む。
「雨雲を袖して分くる山―・まむとは」〈かげろふ・下〉
14 足でさぐって魚介を捕る。
「女男の分かちなく、蜆蛤―・む姿」〈浄・三日太平記〉
[可能]ふめる
[下接句]韻を踏む牛にも馬にも踏まれず御百度(おひゃくど)を踏む三尺去って師の影を踏まず地踏鞴(じたたら)を踏む地団駄(じだんだ)を踏む水火(すいか)を踏む前車の轍(てつ)を踏む前轍を踏む踏鞴(たたら)を踏む轍を踏むどじを踏む虎(とら)の尾を踏む二の足を踏む場数を踏む薄氷を履(ふ)む場所を踏む竜の鬚(ひげ)を撫(な)で虎の尾を踏む

ほ・む【踏む】

[動マ四]ふむ」に同じ。
「大虚(おほぞら)を―・みて、御諸山(みもろのやま)に登ります」〈崇神紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

踏む/履む/践むの関連キーワード後足で砂をかける粉をかける作り込む煮込む温む深む押込む自然長圧し込む水中体重測定法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone