コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏む/履む/践む フム

デジタル大辞泉の解説

ふ・む【踏む/履む/践む】

[動マ五(四)]
足で体重をかけて上から押さえる。足であるものの上にのる。「麦を―・む」「猫のしっぽを―・む」「ブレーキを―・む」
交互に足を上げ下げする。「四股(しこ)を―・む」「地団駄(じだんだ)を―・む」
その場に身を置く。ある場所を訪れる。「ヨーロッパの土を―・む」
実際に経験する。「場数を―・む」「初舞台を―・む」
決まったやり方に従って行う。「複雑な手続きを―・む」
守り行う。「人として―・み行うべき道」
(「御百度を踏む」などの形で)お参りをする。参詣する。「願かけに御百度を―・む」
前もって見当をつける。見積もりや値ぶみなどをする。「どう―・んでも安物だ」
句の末や頭に同じ韻に属する文字を用いる。押韻する。「頭韻を―・む」
10 借金などを返さないで、相手に損害を与える。
「お前さんなんぞに借りてる物なんか、―・んで死ぬ様な吉里じゃあないからね」〈柳浪今戸心中
11 地位に就く。「帝位を―・む」
12 信用取引で、売建玉を損を承知で買い戻す。
13 足で下のものを押さえつけて前へ進む。
「雨雲を袖して分くる山―・まむとは」〈かげろふ・下〉
14 足でさぐって魚介を捕る。
「女男の分かちなく、蜆蛤―・む姿」〈浄・三日太平記〉
[可能]ふめる
[下接句]韻を踏む牛にも馬にも踏まれず御百度(おひゃくど)を踏む三尺去って師の影を踏まず地踏鞴(じたたら)を踏む地団駄(じだんだ)を踏む水火(すいか)を踏む前車の轍(てつ)を踏む前轍を踏む踏鞴(たたら)を踏む轍を踏むどじを踏む虎(とら)の尾を踏む二の足を踏む場数を踏む薄氷を履(ふ)む場所を踏む竜の鬚(ひげ)を撫(な)で虎の尾を踏む

ほ・む【踏む】

[動マ四]ふむ」に同じ。
「大虚(おほぞら)を―・みて、御諸山(みもろのやま)に登ります」〈崇神紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

踏む/履む/践むの関連キーワード己に克ち礼に復る留め拍子・留拍子踏んだり蹴ったり前車の轍を踏むアクセレーター地蹈鞴を踏む足踏みミシン鳴き砂・鳴砂三役揃い踏み踏み場・踏場白刃踏むべし地団駄を踏む踏鞴を踏む地団駄踏む投げ投げるどんどん橋一韻到底刻み拍子韻を押す地下足袋

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android