コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分統制令 みぶんとうせいれい

3件 の用語解説(身分統制令の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

身分統制令【みぶんとうせいれい】

1591年豊臣秀吉が発した3ヵ条の法令。その内容は,(さむらい),中間(ちゅうげん),小者(こもの)ら武家奉公人が百姓・町人になること,百姓が耕地を放棄して商いや日雇いに従事すること,逃亡した奉公人をほかの武家が召し抱えることなどを禁じたもので,これらに違反した場合は成敗するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みぶんとうせいれい【身分統制令】

1591年(天正19)に豊臣秀吉が全国に発布した3ヵ条の法令。侍,中間(ちゆうげん),小者などの武家奉公人が百姓,町人になること,百姓が耕作を放棄して商いや日雇いに従事すること,もとの主人から逃亡した奉公人を他の武士が召し抱えることなどを禁止し,違反者は〈成敗(死刑)〉に処するとしている。朝鮮出兵(文禄・慶長の役)をひかえて,武家奉公人と年貢の確保を目的としたものと思われる。従来この法令は,武士が百姓・町人に,百姓が町人になることを禁止したという意味で,武士・百姓・町人の身分の固定を意図したものと評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身分統制令
みぶんとうせいれい

身分制度は、階級社会の社会的秩序を維持・強化するためにつくられたものである。わが国近世の封建的身分制度が創出されたのは豊臣(とよとみ)政権期のことである。羽柴(はしば)(豊臣)秀吉は、1582年(天正10)太閤(たいこう)検地に着手、名主百姓(みょうしゅびゃくしょう)など土豪に対して、農業から離脱するか、農業に専念するか、二つに一つを選択させ、下人(げにん)・名子(なご)など隷属農民を土豪の支配から自立させ、農民を直接に把握し、土地に束縛する政策を打ち出した。また秀吉は、1588年刀狩令(かたながりれい)を発し、農民から武器を没収した。検地と刀狩は武士と農民との区分を明確にし、農民を被支配身分として固定させる政策であった。秀吉はさらに、1591年京都に地子(じし)(田畑・屋敷に対する賦課)を免許する法令を出し、公家(くげ)・寺社など中世的な領主の地子徴収権を否定して、幾重にもなっていた土地所有関係を改め、都市における封建的土地所有権の確立を目ざした。そして同年、身分統制令を発布して、侍(さむらい)・中間(ちゅうげん)・小者(こもの)が農民・町人になったり、農民が商人・職人になるといった、身分の転換を禁止した。このようにして武士と農民・町人の身分の固定化が図られたのである。さらに98年(慶長3)には、大名は転封の際、家臣をすべて新領に従えていかなければならないとし、検地帳に記載されている農民を連れていってはならないとする布令が秀吉の名で出された。
 検地、刀狩、身分統制令などによりしだいに整えられていった封建的身分制度は、江戸時代になってきわめて牢固(ろうこ)なものとなった。平民身分の農工商のうち、形式上、農は上位とされたが、年貢負担者である農民は実際上はもっとも厳しく武士に支配・統制された。平民身分の下には穢多(えた)・非人(ひにん)など賤民(せんみん)身分があって、厳しい差別を受けた。身分統制はある時点で一気に確立されたものではないが、豊臣秀吉による1591年の法令がそのための重要なステップとなったことはまちがいない。[成澤榮壽]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の身分統制令の言及

【荒子】より

…嵐子とも書く。1591年(天正19)の豊臣秀吉の身分統制令に〈奉公人,侍,中間,小者,あらし子に至る,去七月奥州江御出勢より以後,新儀ニ町人百姓ニ成候者在之者〉(小早川家文書)とある。戦場で土木,輜重(しちよう),炊事などの雑役に従事した雑兵であり,その身分は百姓・町人とは明確に区別されていた。…

【連座(連坐)】より

…【勝俣 鎮夫】 近世前期には戦国期の延長として,威嚇による犯罪の一般的予防を目的に過酷な連坐制が,縁坐制と並んで行われた。豊臣秀吉の身分統制令は,百姓が商い賃仕事に出,奉公人・侍・中間などが町人百姓になった者を隠しおいた場合,一村一町を死刑に処すと定めている。江戸時代に入ると,犯罪人の親族に刑事責任を負わせる縁坐については反対論が起こり,江戸時代前半にはなお厳しく行われていた縁坐制が,8代将軍徳川吉宗によって制限されるに至ったのに対して,同じく他人の犯罪について刑事責任を負うものながら,親族以外の者が処罰される連坐は,犯罪の一般的予防のためばかりでなく,不完全な公権力の警察事務を人民に分担させるためにも有用と考えられた。…

※「身分統制令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

身分統制令の関連キーワード豊臣秀長石垣山名護屋総見院天正大判豊臣豊臣秀勝(1)南条元続別所重棟宥印

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone