コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転注 てんちゅう

3件 の用語解説(転注の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転注
てんちゅう

六書の一つ。漢字の運用法の一つで,古来諸説があったが,ある意義をもつ漢字を,その音とは無関係に,それと近い,あるいは転移した意義の語を表わすために用いることをさすとみられる。仮借 (かしゃ) とともに,既成の文字を転用する方法である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てん‐ちゅう【転注】

漢字の六書(りくしょ)の一。ある漢字を、原義に類似した他の意味に転用すること。この場合、音の変わることが多い。例えば、「音楽」の意の「楽(ガク)」の字を「ラク」と発音して「たのしい」の意に転用する類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんちゅう【転注】

漢字六書の一。ある漢字の本来の意義を他の近似した意義に転用すること。本来、「音楽」を意味する「楽がく」を音楽を聞くと楽しいことから「楽しい」を意味する「らく」に用いる類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の転注の言及

【漢字】より


【漢字の種類と造字・転用】
 ふつう〈六書(りくしよ)〉と呼ばれる分類がある。六書とは指事・象形・会意・形声・転注・仮借の六つである。このうち前4者が文字の形による分類であり,後2者は文字の転用に関するものである。…

【六書】より

…この〈武〉の場合のように,この解釈そのものは,この字のさまざまの形や使用例から考えて,いわば〈字源俗解〉である可能性がきわめて大きいが,しかしこの文字そのものが,要素の〈戈〉と〈止〉とからでき上がっていて,その要素の意味どうしの間に干渉があるだろうということまでは否定できない。(5)転注 清の段玉裁の《説文解字注》に従えば,互いに相手方の文字の訓詁でありうる考,老両字のようなものをいう。〈考は老なり〉といい,また〈老は考なり〉というような関係である。…

※「転注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

転注の関連キーワード漢字音漢字検定代用漢字本字仮名漢字変換JIS漢字制限漢字漢字の日俵づみ花開

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転注の関連情報