コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転注 てんちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転注
てんちゅう

六書の一つ。漢字の運用法の一つで,古来諸説があったが,ある意義をもつ漢字を,その音とは無関係に,それと近い,あるいは転移した義の語を表わすために用いることをさすとみられる。仮借 (かしゃ) とともに,既成文字を転用する方法である。「音楽」の意を表わす漢字「楽」を,意味上関連のある「楽しむ」の意を表わす語にも用いるのがその例。「妻」の「つま」と「めあわす」も同じ。しかしこれは同字異義の状態を生み出し,文字の機能から反するところから,会意形声に取って代られ次第に少くなっていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐ちゅう【転注】

漢字の六書(りくしょ)の一。ある漢字を、原義に類似した他の意味に転用すること。この場合、音の変わることが多い。例えば、「音楽」の意の「楽(ガク)」の字を「ラク」と発音して「たのしい」の意に転用する類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんちゅう【転注】

漢字六書の一。ある漢字の本来の意義を他の近似した意義に転用すること。本来、「音楽」を意味する「楽がく」を音楽を聞くと楽しいことから「楽しい」を意味する「らく」に用いる類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の転注の言及

【漢字】より


【漢字の種類と造字・転用】
 ふつう〈六書(りくしよ)〉と呼ばれる分類がある。六書とは指事・象形・会意・形声・転注・仮借の六つである。このうち前4者が文字の形による分類であり,後2者は文字の転用に関するものである。…

【六書】より

…この〈武〉の場合のように,この解釈そのものは,この字のさまざまの形や使用例から考えて,いわば〈字源俗解〉である可能性がきわめて大きいが,しかしこの文字そのものが,要素の〈戈〉と〈止〉とからでき上がっていて,その要素の意味どうしの間に干渉があるだろうということまでは否定できない。(5)転注 清の段玉裁の《説文解字注》に従えば,互いに相手方の文字の訓詁でありうる考,老両字のようなものをいう。〈考は老なり〉といい,また〈老は考なり〉というような関係である。…

※「転注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転注の関連キーワード三菱ふそう スーパーグレート運転注意力モニタ MDAS説文通訓定声説文解字表意文字象形文字中国語洪亮吉本来

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android