コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辣韮/薤/辣韭 ラッキョウ

デジタル大辞泉の解説

らっ‐きょう【辣×韮/×薤/辣×韭】

ユリ科の多年草。鱗葉(りんよう)で覆われた卵形の地下茎をもち、葉は線形で根際から出る。秋、高さ約40センチの花茎を伸ばし、紫色の小花を球状につける。中国の原産。鱗茎(りんけい)を漬物にし、特有の香味がある。おおにら。さとにら。 夏 花=秋》「―ほる土素草鞋(すわらぢ)にみだれけり/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

辣韮 (ラッキョウ)

学名:Allium chinense
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

辣韮/薤/辣韭の関連キーワードラッキョウ剌・拉・辣五辛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android