辣韮(読み)ラッキョウ

デジタル大辞泉「辣韮」の解説

らっ‐きょう【辣×韮/×薤/辣×韭】

ユリ科の多年草。鱗葉りんようで覆われた卵形の地下茎をもち、葉は線形で根際から出る。秋、高さ約40センチの花茎を伸ばし、紫色の小花を球状につける。中国の原産。鱗茎りんけいを漬物にし、特有の香味がある。おおにら。さとにら。 夏 花=秋》「―ほる土素草鞋すわらぢにみだれけり/蛇笏
[類語]玉葱大蒜にんにく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「辣韮」の解説

辣韮 (ラッキョウ)

学名Allium chinense
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android