大蒜(読み)おおびる

精選版 日本国語大辞典 「大蒜」の意味・読み・例文・類語

おお‐びる おほ‥【大蒜】

〘名〙 植物にんにく(大蒜)」の古名。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「大蒜」の意味・読み・例文・類語

にん‐にく【大蒜/×葫】

ヒガンバナ科多年草。高さ約60センチ。全体に強いにおいがある。地下鱗茎りんけい灰白色で、数個の小鱗茎からなり、食用。強壮薬・香辛料などにも用いる。夏、茎の先に、長い包葉に包まれて白紫色の花が集まって咲く。花の間にむかごをつける。ガーリック 春》
[類語]辣韮らっきょう玉葱

おお‐びる〔おほ‐〕【大×蒜】

ニンニクの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版 「大蒜」の解説

大蒜 (ニンニク・オオニンニク)

学名Allium sativum
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

大蒜 (オオニラ)

植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ラッキョウ別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android