上方文学(読み)かみがたぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上方文学
かみがたぶんがく

江戸時代の主として前半期に,元禄 (1688~1704) を頂点として,京坂地方を中心に栄えた町人文学をいう。江戸文学と対する。町人階級の台頭,印刷技術の伝来,識字者の増加などを背景に,町人みずからが文学の主体となり,いきいきした写実と活力によって前代までの文学と時代を画した。仮名草子古浄瑠璃貞門の俳諧などの新興文学に始り,井原西鶴浮世草子近松門左衛門竹田出雲浄瑠璃坂田藤十郎の歌舞伎,西山宗因らの談林俳諧などがはなやかに開花した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみがたぶんがく【上方文学】

江戸時代の文学の一区分。地域的には京・大坂,時代的には元禄期(1688‐1704)を中心とする江戸時代前期をさす。時代はさらに,慶長(1596‐1615)ころから寛文延宝(1661‐81)ころまでの啓蒙期と,天和貞享(1681‐88)から元禄期を中心に享保(1716‐36)までの発展期に分けられよう。17世紀初頭,印刷技術が輸入され出版文化が開花すると,読者層が町人階級にまで拡大した。しかし,近世文学担い手たる町人階級はいまだ十分な成熟をみておらず,作者層となったのは前時代の文化を担っていた公卿,武家,僧侶たちであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみがたぶんがく【上方文学】

江戸時代文学(近世文学)の一区分。元禄期(1688~1704)を中心として京都・大坂で制作・出版された文学。井原西鶴の浮世草子のほか、八文字屋から出版される浮世草子類(八文字屋本)、近松門左衛門らの浄瑠璃などが代表的。 ⇔ 江戸文学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上方文学の言及

【江戸文学】より

…一般的には江戸時代の文学全般を指すが,狭義にはその地域的特性を考慮して,享保期(1716‐36)を境とし,前半を上方(かみがた)文学,後半を江戸文学と呼ぶ。文字どおり江戸という都市を中心に栄えた文学の意である。…

※「上方文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android