近回り(読み)チカマワリ

デジタル大辞泉「近回り」の解説

ちか‐まわり〔‐まはり〕【近回り】

[名](スル)
近道を通って行くこと。「近回りして駅に行く」
近くのあたり。近辺
「―へだけ独りででも出掛けられる母親は」〈白鳥・牛部屋の臭ひ〉
[類語](1早道近道/(2近所近く付近近辺近隣近傍近場界隈かいわい近間ちかまそのへん最寄りそばわき片脇傍ら片方かたえ横手横合い近間四隣しりん隣組向こう三軒両隣りょうどなり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android