コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去る サル

デジタル大辞泉の解説

さ・る【去る】

[動ラ五(四)]
《本来は移動する意で、古くは、遠ざかる意にも近づく意にもいう》
㋐ある場所から離れる。そこを離れてどこかへ行ってしまう。遠ざかる。「故郷を―・る」「この世を―・る」「片時も念頭を―・らない」
㋑地位・職業などを退く。「王位を―・る」「舞台を―・る」
㋒時が過ぎる。ある季節・時期が遠のく。「冬が―・る」「青春は―・った」
㋓時間的、空間的に隔たる。離れている。「今を―・る七年前」「東京を―・ること二〇〇キロ」
㋔今まであった状態が薄らいだり、なくなったりする。消える。「痛みが―・る」「危険が―・る」

㋐離して遠くへやる。遠ざける。離縁する。「妻を―・る」
㋑除いてなくす。消す。「雑念を―・る」「虚飾を―・る」
(動詞の連用形に付いて)すっかり…する、…しつくすの意を表す。「忘れ―・る」「葬り―・る」
時・季節などが近づく。巡ってくる。
「秋―・らば黄葉(もみち)の時に」〈・三九九三〉
[可能]される

さる【去る】

[連体]《動詞「さ(去)る」の連体形から》過ぎ去った。「去る四月八日」⇔来(きた)る

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さる【去る】

( 連体 )
〔動詞「去る」の連体形から〕
時などを表す語に付いて、以前の、過ぎ去った、の意を表す。 ↔ 来る 「新任の大使は-二日に着任した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

去るの関連キーワード尻に帆を掛ける世を去る家を出る後にする根を絶つ雲を霞と過ぐる腸抜き中剃り渋抜き勝逃げ立つ鳥色抜き水捌け連用形綿繰り連体形立去る俗念忘却

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

去るの関連情報