退く(読み)シリゾク

デジタル大辞泉「退く」の解説

しり‐ぞ・く【退く】

[動カ五(四)]
後方へ下がる。後ろへのく。あとじさる。「大またで三歩―・く」⇔進む

㋐貴人・目上の人の前を離れて出て行く。退出する。また、その場所から去る。「御前を―・く」「控えの間に―・いて待つ」
㋑試合などで、敗れてそこからいなくなる。「初戦で―・く」
官職などを辞める引退する。「現役を―・く」「政界から―・く」
(多く「しりぞいて」の形で用いる)置かれている状況を離れる。「一歩―・いて考える」
譲歩する。引き下がる。「自説を固持して一歩も―・かない」
[動カ下二]しりぞける」の文語形
[類語](1退去る下がる退立ち去る立ち退く引き下がる引き上げる引き取る引き払う引っ込む辞去/(3辞める離れる去る退抜ける離脱する脱退する引退する辞任する離任する手を引く身を退く骸骨を乞う退会退団退部脱会脱党離党杯を返す

の・く【退く】

[動カ五(四)]
今までいた場所から離れる。今までの場所をあけて他へ移る。どく。「ちょっとそこを―・いてください」「借家を―・く」
ある場所から離れている。へだたっている。「現場から少し―・いた所」
地位・職務から離れる。引退する。「大学教授を―・く」
組織や仲間から抜ける。脱退する。「組合から―・く」
今までの関係を離れる。縁が切れる。「夫婦も―・けば他人」
[可能]のける
[動カ下二]のける」の文語形。
[類語](1退しりぞ去る下がる退立ち去る立ち退く引き下がる引き上げる引き取る引き払う引っ込む辞去/(3)(4辞める去る離れる退しりぞ抜ける離脱する脱退する引退する辞任する離任する手を引く身を退く骸骨を乞う退会退団退部脱会脱党離党杯を返す

そ・く【退く】

[動カ四]遠く離れる。遠ざかる。
「雲離れ―・き居りとも我忘れめや」〈・下・歌謡
[動カ下二]遠く離す。遠ざける。
「赤見山草根刈り―・け合はすがへ争ふいもしあやにかなしも」〈・三四七九〉

ど・く【退く】

[動カ五(四)]いる場所を動いて、そこをあける。のく。「早く―・いてくれ」
[可能]どける
[動カ下二]どける」の文語形。
[類語]下がる去る遠ざかる遠のく離れる立ち去る引き払う引き上げる辞去する退去する退散するせる退立ち退く引き下がる引き取る引っ込むあとにする

しぞ・く【退く】

[動カ四]しりぞく」に同じ。
「漕げども漕げどもしりへ―・きに―・きて」〈土佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例