コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見送る ミオクル

2件 の用語解説(見送るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐おく・る【見送る】

[動ラ五(四)]
遠ざかる物や人をその後方で眺める。「飛行機を―・る」「玄関先で客を―・る」
訪れた人が帰るのにある場所までついていく。「ちょっとそこまで―・るよ」
出発する人をその場所まで行って送る。「駅で友人を―・る」
人が死ぬまで世話をする。「親を最期まで―・る」
葬送する。「亡き母を―・る」
やりすごす。さしひかえる。「バスを一台―・る」「好球を―・る」
今、事を行うのは不利と考えて、そのままにしておく。「時期尚早で計画は―・られた」
相場の見通しがつかないために売買を手控える。「新株の買いを―・る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みおくる【見送る】

( 動五[四] )
去って行くものを目で追う。 「並んで卒業生を-・る」
去って行く人とある所まで一緒に行く。 「空港まで先生を-・る」
死ぬ時まで世話をする。 「両親を-・った」
計画していたことの実行を延ばす。 「着工を-・る」
見のがす。 「絶好球を-・る」
[可能] みおくれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見送るの関連キーワード埋かる受かる遠ざかる負かる儲かる生かる謗る投ぐる箭の身自ら厚くして薄く人を責むれば則ち怨みに遠ざかる目っかる

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見送るの関連情報