コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見送る ミオクル

2件 の用語解説(見送るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐おく・る【見送る】

[動ラ五(四)]
遠ざかる物や人をその後方で眺める。「飛行機を―・る」「玄関先で客を―・る」
訪れた人が帰るのにある場所までついていく。「ちょっとそこまで―・るよ」
出発する人をその場所まで行って送る。「駅で友人を―・る」
人が死ぬまで世話をする。「親を最期まで―・る」
葬送する。「亡き母を―・る」
やりすごす。さしひかえる。「バスを一台―・る」「好球を―・る」
今、事を行うのは不利と考えて、そのままにしておく。「時期尚早で計画は―・られた」
相場の見通しがつかないために売買を手控える。「新株の買いを―・る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みおくる【見送る】

( 動五[四] )
去って行くものを目で追う。 「並んで卒業生を-・る」
去って行く人とある所まで一緒に行く。 「空港まで先生を-・る」
死ぬ時まで世話をする。 「両親を-・った」
計画していたことの実行を延ばす。 「着工を-・る」
見のがす。 「絶好球を-・る」
[可能] みおくれる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見送るの関連情報