見送る(読み)ミオクル

デジタル大辞泉の解説

み‐おく・る【見送る】

[動ラ五(四)]
遠ざかる物や人をその後方で眺める。「飛行機を―・る」「玄関先で客を―・る」
訪れた人が帰るのにある場所までついていく。「ちょっとそこまで―・るよ」
出発する人をその場所まで行って送る。「駅で友人を―・る」
人が死ぬまで世話をする。「親を最期まで―・る」
葬送する。「亡き母を―・る」
やりすごす。さしひかえる。「バスを一台―・る」「好球を―・る」
今、事を行うのは不利と考えて、そのままにしておく。「時期尚早で計画は―・られた」
相場の見通しがつかないために売買を手控える。「新株の買いを―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みおくる【見送る】

( 動五[四] )
去って行くものを目で追う。 「並んで卒業生を-・る」
去って行く人とある所まで一緒に行く。 「空港まで先生を-・る」
死ぬ時まで世話をする。 「両親を-・った」
計画していたことの実行を延ばす。 「着工を-・る」
見のがす。 「絶好球を-・る」
[可能] みおくれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見送るの関連情報