コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏み止まる/踏み留まる フミトドマル

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐とどま・る【踏み止まる/踏み留まる】

[動ラ五(四)]
足に力を入れてその場にとどまる。動かないように足をふんばる。「崖(がけ)っぷちで―・る」
他の人が去ったあとも残る。「最後まで現場に―・る」
したいことや言いたいことをがまんしてやめる。思いとどまる。「口に出しかけたが、―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふみとどまる【踏み止まる】

( 動五[四] )
足に力を入れてその場に止まる。 「危うく崖がけっ縁ぷちで-・った」
危険な場所などに他の人が去ったあとも残る。 「一人-・って火を消した」
誘惑などに抗して、その状態をもちこたえる。思いとどまる。 「辞職も考えたが-・った」
[可能] ふみとどまれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踏み止まる/踏み留まるの関連キーワード辞職現場ぷち

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android