コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通し稽古 トオシゲイコ

デジタル大辞泉の解説

とおし‐げいこ〔とほし‐〕【通し稽古】

演劇・オペラ・バレエなどで、途中で中断することなく、本番どおりに行うけいこ。通常、衣装を着けて行う。ドレスリハーサル。→ゲネプロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の通し稽古の言及

【舞台稽古】より

…また装置や諸道具の転換法も具体的に決められる。最後に演技も含め,各パートの展開が芸術的にも物理的にも演出家の意図通り,円滑に進行するかどうかの最終確認のため,多少の齟齬(そご)はあっても,進行を中断させることなく,全幕総仕上げの通し稽古が行われる。そして終了後には最終的ダメ出しが各パート責任者や役者たちに対してなされる。…

※「通し稽古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通し稽古の関連キーワードランスルー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通し稽古の関連情報