温習(読み)おんしゅう

精選版 日本国語大辞典「温習」の解説

おん‐しゅう ヲンシフ【温習】

〘名〙 (「」は、たずねならう、熟する) 繰り返し練習すること。おさらいをすること。おさらい。復習
※藤樹文集(1648頃)三・学舎座右戒「或温習或謄写、不一時放慢
舞姫(1890)〈森鴎外〉「朝の咖啡果つれば、彼は温習に往き」 〔袁凱‐送斉文韶帰東河詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「温習」の解説

おん‐しゅう〔ヲンシフ〕【温習】

[名](スル)繰り返して習うこと。おさらい。復習。
「昼の—、夜の舞台ときびしく使われ」〈鴎外舞姫
[類語]練習復習おさらいリハーサルらし下稽古したげいこ習練訓練特訓稽古けいこ演習トレーニングエクササイズゼミナールフィールドワークレッスンゲネプロ寒稽古通し稽古舞台稽古立ち稽古稽古事鍛錬練磨練成修業修練教練試練

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android