コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台稽古 ぶたいげいこ dress rehearsal

翻訳|dress rehearsal

4件 の用語解説(舞台稽古の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞台稽古
ぶたいげいこ
dress rehearsal

演劇やオペラの稽古で,本読み,読合せ,立稽古を終えて行う稽古の総仕上げ。舞台の上で,衣装,装置,照明,音響など,実際の公演と同様の条件のなかで行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶたい‐げいこ【舞台稽古】

舞台上で、衣装・大道具小道具・照明・効果などを公演と同じ状態にして行う稽古。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたいげいこ【舞台稽古】

演劇,オペラ,バレエなど舞台芸術における稽古の最終仕上げ段階をいう。それは演出家の演出意図(演出)が総合的に初めて舞台上に現実化する〈総稽古〉の場でもある。演劇を例にとり通常の稽古の手順を説明すれば,まず戯曲作者自身が自作をスタッフキャストに読んで聞かせる〈本読み〉から始まり,演出家を中心にして俳優たちによって行われる脚本理解の〈読合(よみあわ)せ〉稽古,立って動きをつけながら行う〈立(たち)稽古〉〈衣裳合せ〉となり,このような過程を経て脚本を肉体化した演技者たちが,公演時同様に調整された舞台装置舞台照明音響効果などの舞台条件下で,演出家の指揮のもと舞台監督の指示に従って行われるのがこの舞台稽古(総稽古)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶたいげいこ【舞台稽古】

舞台の上で衣装・大道具・照明・音響効果などを公演時と同じようにして行う稽古。 → ゲネプロ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞台稽古の関連キーワードデンマーク王立バレエ団パリ・オペラ座バレエ団ロイヤル・バレエ団グランドオペラ古典バレエ舞台芸術カイロ国立オペラ・バレエ団フランス国立リヨン・オペラ座バレエ団リヨン・オペラ座バレエ団緒方規矩子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舞台稽古の関連情報