下稽古(読み)したげいこ

精選版 日本国語大辞典「下稽古」の解説

した‐げいこ【下稽古】

〘名〙
① 本舞台に出る前に稽古しておくこと。また、その稽古。
※虎明本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「くゎんをせねば平家をかたる事がならぬ。さりながら、した稽古をばしたらばよからふ」
② 物事を行なう前に、前もって練習しておくこと。あらかじめ学習しておくこと。したしらべ。予習。
※わらんべ草(1660)三「物をならふに、先げいこして、ならはんといふ」
※破垣(1901)〈内田魯庵〉二「将来は立派な官員様になる下稽古をしてゐるのだと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「下稽古」の解説

した‐げいこ【下稽古】

本番に備えて、前もって練習しておくこと。また、その稽古。前稽古。
芸事などの稽古に行く前に、自分で予習しておくこと。
[類語]リハーサル練習らし習練訓練特訓稽古けいこ温習おさらい演習トレーニングエクササイズゼミナールフィールドワークレッスンゲネプロ寒稽古通し稽古舞台稽古立ち稽古稽古事鍛錬練磨練成修業修練教練試練

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android