コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院家 インゲ

4件 の用語解説(院家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いん‐げ〔ヰン‐〕【院家】

大寺院。特に、門跡寺院の別院で、本寺を補佐し、諸種の法務を行う寺院。
公家(くげ)の子弟で、出家して門跡に付属する寺の住職となった者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんげ【院家】

貴族(のちには皇族も含む)出身の僧侶およびその止住する寺をいう。899年(昌泰2)に宇多上皇が出家して仁和寺に入ってから門跡(もんぜき)の号が起こったというが,このとき上皇に従って出家した貴族で,寺内の子院に止住した人たちを院家衆と称し,平民出身の僧,すなわち凡僧でないしるしとした。以後,奈良,京都,比叡山高野山などの門跡寺院には,門跡寺院の仏事や世俗のことを援助する院家があり,院家は学侶によって構成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんげ【院家】

〘仏〙
門跡寺の別院にいて、本寺の諸務を補佐する僧。出家前の門跡に仕えた貴族などが出家してつとめる。
平安末期頃、本寺内の院において有名貴族の子弟が出家して名乗った称。に起源するが、自ら本寺の座主などについた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院家
いんげ

広義には、寺院の境内にあって本寺とは独立した本尊、伽藍(がらん)、経済を有し、院名をもつ寺坊をいう。平安時代に、皇族、貴族がここに住して門跡(もんぜき)を称すると、もっぱら門跡寺院をさすようになった。興福寺(こうふくじ)の大乗院(だいじょういん)、一乗院、醍醐寺(だいごじ)の三宝院(さんぼういん)などがその著名な例である。これらは本寺の座主(ざす)職などをも専断し、本寺にかわって寺院の主宰者となった。このため、門跡を補佐するものが成立し、以来、これを院家と称した。浄土真宗の本願寺が1559年(永禄2)に准(じゅん)門跡を勅許されたとき、翌年に本願寺一門の寺々のうちから8か寺が院家に列せられたのはその例である。[大桑 斉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の院家の言及

【一門衆】より

…元来個人に与えられた一門衆身分は彼らの子孫へと受けつがれ,あたかも寺格を示すもののごとく固定化していった。一方,宗主の代替りごとに新たな庶子・親族団が形成され,11代顕如のとき院家(いんけ)の制が,12代教如・准如のとき連枝(れんし)の称が設けられた。そのため身分・役割両面で一門衆の独自の存在は意味を失うこととなった。…

【興福寺】より

… 1180年(治承4)平氏の南都焼討ちに遭い,東大寺とともに全焼したが,復興も速く,復興気運に乗って鎌倉文化が興隆,奈良の街地が発達するが,興福寺はこれに君臨,なお鎌倉将軍家から大和国守護職として国中支配を許された。おりから貴族の子弟がぞくぞく入寺し,その住坊は院家(いんげ)といい,とくに摂関家子弟の住持した一乗院(近衛流),大乗院(九条流)の両院家が門跡(もんぜき)を称し,興福寺を両分する大勢力となった。この両門跡がやがて対立,14世紀以降,その武力として用いた衆徒・国民らが自立成長を競い,大小名化をはかったこともあったが,南北朝動乱や戦国乱世も乗り越えた。…

【寺格】より

…古代では,官寺の内に大寺,国分寺,定額寺があった。平安朝に門跡寺院が生ずると,宮門跡,摂家門跡,准門跡,脇門跡などの寺格が生じ,またそれらの下に院家,准院家などが成立した。これらは,国家,朝廷における序列であるが,中世には,鎌倉・室町両幕府が臨済宗寺院を五山,十刹,諸山,林下に区分したことから,諸宗派内部の序列・格式としての寺格が成立する。…

【住職】より

…住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。南都系や平安仏教系寺院では寺主(じしゆ),維那(いな),院家(いんけ),隠元(いんげん),浄土真宗や日蓮宗(法華宗)や時宗では上人(しようにん),禅宗では方丈,和尚,住持,長老(ちようろう)などの,住職をさす尊称がそれである。また,由緒ある大寺院ではその寺固有の歴史的呼称もある。…

※「院家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

院家の関連キーワード法然上人宴曲国葬衆徒貴族院議員香衣皇族会議太傅納采身の後

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院家の関連情報