コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続製鋼法 れんぞくせいこうほう

2件 の用語解説(連続製鋼法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

連続製鋼法【れんぞくせいこうほう】

高炉,転炉などの製銑炉,製鋼炉による間欠的な原料装入,出銑・出鋼に代えて,一連の設備により鉄鉱石から鋼まで連続的に製錬する技術。全工程の自動化と熱効率の大幅な向上を目指し,各種の方法が研究されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れんぞくせいこうほう【連続製鋼法】

溶銑から鋼をつくる工程を,間欠的な操業によらずに連続化しようとする開発中の技術。製鉄プロセスでは,高炉,連続鋳造,ストリップミル,表面処理など多くの連続プロセスが採用されている。しかし製鋼工程については,転炉,平炉あるいは電気炉にみるように,すべて回分操作が採用されている。LD転炉はきわめて高能率ではあるが,30分前後の周期で原料装入あるいは出鋼を行っている。これらを連続化することによって,設備が集約化され,高能率生産と省力化,さらに製品品質の均一化が期待されるために,研究が盛んに行われてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連続製鋼法の関連キーワードユニット工法垣を作る間欠的鼈が時をつくる時をつくる鬨をつくる下流工程手をつくる半発酵茶黄金をつくる男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone