連衡(読み)れんこう

精選版 日本国語大辞典「連衡」の解説

れん‐こう ‥カウ【連衡・連横クヮウ

〘名〙 (「」はよこで、東西の意) 中国の戦国時代に、の恵王の相であった張儀が、合従(がっしょう)政策を切り崩すために唱えた同盟政策。秦と東方の六国(韓・魏・・燕・斉)とが個別に和平条約を結ぶことをめざした。また、転じて一般に同盟を結ぶことをいう。→合従(がっしょう)
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「もろこしには秦の始皇、六国を呑んだる衡のはかりごと」 〔史記‐秦始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連衡」の解説

れん‐こう〔‐カウ〕【連衡】

[名](スル)《「衡」は横で、東西の意》中国、戦国時代張儀が、蘇秦合従がっしょう策に対抗して唱えた外交政策。ちょうえんせいの6国を、それぞれ個別に秦と同盟させようとしたもの。連衡策。転じて、連合すること。同盟を結ぶこと。→合従がっしょう1
「東洋列国を―し、以て西洋諸邦と頡頏せんと」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の連衡の言及

【合従連衡】より

…合縦連横ともいう。前4世紀後半いらい西方の秦が強大になってくると,東の燕・斉・趙・韓・魏・楚の6国が縦に同盟して秦に対抗する合従策と,秦が6国のそれぞれと単独で同盟を結ぶ連衡策とが重要な外交政策となった。このような策を諸侯に遊説するものを縦横家(じゆうおうか∥しようおうか)とよび,合従策は蘇秦,連衡策は張儀の名が有名である。…

※「連衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android