コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合従 ガッショウ

デジタル大辞泉の解説

がっ‐しょう【合従】

《「」は「縦」と同意。縦、すなわち南北に連合する意》
中国の戦国時代蘇秦(そしん)の説いた外交策。強国秦(しん)に対抗するため、南北に連なる魏(ぎ)趙(ちょう)燕(えん)楚(そ)斉(せい)の6国を連合させようとするもの。合従策。→連衡(れんこう)
他との対抗上、連合すること。
「公会を開て、大に―の約を定む」〈竜渓経国美談

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がっしょう【合従】

( 名 ) スル
〔「従」は「縦たて」で、縦に連合する意〕
中国、戦国時代に、蘇秦そしんが唱えた、秦しんに対抗するための攻守同盟。韓・魏・趙ちよう・燕えん・楚・斉せいの六国を南北に連合して秦に当たらせた政策。
同盟または連合すること。 「共に-して事を為んとするの日には/新聞雑誌 21

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の合従の言及

【合従連衡】より

…合縦連横ともいう。前4世紀後半いらい西方の秦が強大になってくると,東の燕・斉・趙・韓・魏・楚の6国が縦に同盟して秦に対抗する合従策と,秦が6国のそれぞれと単独で同盟を結ぶ連衡策とが重要な外交政策となった。このような策を諸侯に遊説するものを縦横家(じゆうおうか∥しようおうか)とよび,合従策は蘇秦,連衡策は張儀の名が有名である。…

※「合従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合従の関連キーワード縦横家(じゅうおうか)秦の時代(年表)マスタートラスト証券取引所の再編スマートメーター香港証券取引所グローバル戦略アンジュー家デジタル家電楚[周代]大東合邦論メガバンクリシマコス新聞雑誌保守合同遠交近攻合従連衡春申君平原君縦横家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合従の関連情報