コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過マンガン酸カリウム かマンガンさんカリウム potassium permanganate

7件 の用語解説(過マンガン酸カリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過マンガン酸カリウム
かマンガンさんカリウム
potassium permanganate

化学式 KMnO4 。緑色光沢のある赤紫色結晶。空気中で安定。約 200℃で分解し,酸素を発生する。比重 2.70。水に易溶,アセトンアルコールに少し溶ける。アルカリ有機物により容易に分解。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かマンガンさん‐カリウム〔クワ‐サン‐〕【過マンガン酸カリウム】

暗紫色の柱状結晶。水溶液は濃い赤紫色。強力な酸化剤で、分析薬・殺菌剤・漂白剤などに用いる。化学式KMnO4

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

過マンガン酸カリウム【かマンガンさんカリウム】

化学式はKMnO4。比重2.70。緑色光沢ある赤紫色柱状晶。熱すると分解して酸素を放つ。水,アセトン,アルコールなどに可溶。強い酸化剤で,分析試薬,有機合成用試薬,漂白剤,火薬,医薬品として使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

過マンガン酸カリウム

 KMnO4 (mw158.03).強い酸化剤.飲料水の清潔さの検査などに使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かマンガンさんカリウム【過マンガン酸カリウム potassium permanganate】

化学式KMnO4。酸化数VIIのマンガンのオキソ酸である過マンガン酸HMnO4のカリウム塩。緑色光沢のある暗紫色の斜方晶系柱状晶。MnO4は正四面体形構造をもつ。比重2.70。水100gに対する溶解度6.34g(20℃)。アセトン,エチルアルコール,氷酢酸に可溶。固体を加熱すると200℃で酸素を放ってマンガン酸カリウムK2MnO4と酸化マンガン(IV)MnO2とになり,さらに酸化マンガン(III)Mn2O3となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かマンガンさんカリウム【過マンガン酸カリウム】

赤紫色の柱状結晶。緑色の光沢をもつ。化学式 KMnO4 強い酸化剤で分析化学において酸化還元滴定に広く用いられる。サッカリンなど有機化合物の合成や,殺菌剤・収斂しゆうれん剤などの医薬品,火薬原料・漂白剤などに利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過マンガン酸カリウム
かまんがんさんかりうむ
potassium permanganate

マンガン酸塩の代表的なものの一つ。
 マンガン酸カリウムK2MnO4の水溶液を塩素で酸化するか、二酸化炭素を通じて不均化反応をおこさせる。工業的には、軟マンガン鉱MnO2を空気中で水酸化カリウムと強熱して得られる融成物を原料とし、アルカリ性で電解酸化してつくる。

 濃赤紫色結晶。反射光では緑色。熱すると200℃で酸素を放って分解する。
  2KMnO4―→K2MnO4+MnO2+O2
 水によく溶け酸性でもアルカリ性でも強い酸化剤として働く。酸性水溶液では
  MnO4-+8H++5e―→Mn2++4H2O
アルカリ性水溶液では
  MnO4-+2H2O+3e-―→MnO2+4OH-
となる。アセトン、エタノールに溶ける。水溶液をカメレオン液ということがある。硫酸酸性でシュウ酸を二酸化炭素に、鉄()を鉄()に、ヨウ化物をヨウ素に酸化しマンガン()塩となる。アルカリ性では速やかにマンガン酸塩に還元され、ついで酸化マンガン()の水和物を沈殿する。濃水溶液を強アルカリ性にすると緑色溶液(マンガン酸イオン)となって酸素を発生する。濃硫酸と混合すると爆発性の油状物質Mn2O7を生成する。滴定分析の酸化剤、有機合成、漂白、殺菌剤などに用いる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の過マンガン酸カリウムの言及

【カメレオン水】より

…この様相が,あたかもカメレオンの保護色のように変化しやすいのでこの名称を与えられた。医・薬学の分野では,赤紫色の過マンガン酸カリウム水溶液KMnO4をカメレオン水と称することもある。過マンガン酸塩は,酸性水溶液中で強い酸化力をもち,多くの有機物や還元性無機物質と反応して赤紫色が直ちに脱色して,ほとんど無色のMn2+になる。…

【殺菌剤】より

…農業用にも種子の発芽促進,貯蔵などに利用されている。同様の目的のために過マンガン酸カリウムが創傷や粘膜の洗浄に用いられるが,それほど殺菌効果は認められない。(9)色素類その他 色素が殺菌効果を有することは早くから知られていた。…

※「過マンガン酸カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

過マンガン酸カリウムの関連キーワード酸化剤酸化マンガン硝酸マンガン水マンガン鉱二酸化マンガンマンガン酸カリウム硫酸マンガン緑マンガン鉱酸化レニウム酸化マンガン(VII)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過マンガン酸カリウムの関連情報