コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道意(1) どうい

1件 の用語解説(道意(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道意(1) どうい

1290-1356 鎌倉-南北朝時代の僧,歌人。
正応(しょうおう)3年生まれ。西園寺実兼(さいおんじ-さねかね)の子。西園寺公衡(きんひら),公顕(きんあき)の弟。真言宗仁和寺(にんなじ)勝宝院の道耀(どうよう),高山寺の弁恵(べんね)に師事した。元亨(げんこう)2年(1322)以後3度東寺長者をつとめた。「続千載和歌集」などの勅撰集に14首とられている。延文元=正平(しょうへい)11年11月17日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道意(1)の関連キーワード大覚寺統延文向阿文和雲山智越信中自敬道玄(2)道昭(2)卍庵士顔霊波

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone