コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山静雄 とおやま しずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山静雄 とおやま-しずお

1895-1986 大正-昭和時代の舞台照明家。
明治28年2月15日生まれ。大正9年より,新劇,新歌舞伎,新舞踊の舞台照明を担当。昭和4年遠山照明研究所を創設。11年東宝に入社,舞台課長,文芸部長をへて帝劇支配人となる。戦後は日大芸術学部講師。昭和61年11月10日死去。91歳。広島県出身。東京高工(現東京工業大)卒。旧姓久保田。著作に「舞台照明五十年」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠山静雄
とおやましずお
(1895―1986)

日本における舞台照明の創始者。広島県出身。1915年(大正4)東京高等工業学校(現東京工業大学)電気科卒業。大正時代から新劇、邦舞、洋舞の照明を手がけた。6世尾上(おのえ)菊五郎の新歌舞伎(かぶき)公演に加わり、『息子』『同志の人々』『坂崎出羽守(でわのかみ)』などの照明を担当する。36年(昭和11)東宝に入社。舞台課長、文芸部長、帝劇支配人を歴任。50年(昭和25)より30年間日本大学芸術学部講師を務める。著書に『舞台照明五十年』『アドルフ・アピア』などがある。[大木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遠山静雄の関連キーワード穴沢 喜美男穴沢喜美男吉井澄雄アッピア昭和時代大木

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android