コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠羅天釜 おらてがま

4件 の用語解説(遠羅天釜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠羅天釜
おらてがま

江戸時代の臨済宗白隠慧鶴 (はくいんえかく) の著書。3巻,続集1巻。寛延2 (1749) 年刊。坐禅に対する白隠の思想を知るうえに重要な書物。このなかで動中の工夫,不断坐禅を説き,上は君主や武士から下は農民女子にいたるまで,それぞれの職業仕事のうえに不断坐禅を生かしていくべきであるとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おらてがま〔をらてがま〕【遠羅天釜】

江戸中期の仮名法語集。3巻。寛延2年(1749)刊。白隠慧鶴(はくいんえかく)著。禅に対する考え方や武士の参禅、病中の修行の用意、さらに法華経観を語ったもの。遠羅天賀麻。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おらてがま【遠羅天釜】

江戸中期の仮名法語集。1749年刊。白隠慧鶴えかく著。三巻。白隠禅の中心思想を平易に述べたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠羅天釜
おらてがま

江戸中期の禅僧、白隠慧鶴(はくいんえかく)が著した仮名書きの法語。書名は、白隠が常用した茶釜(ちゃがま)の名にちなむ。生前にも二度出版され広く読まれた。初版は1749年(寛延2)に出版され、養生(ようじょう)法としての内観(ないかん)の修行法に始まり参禅一般の注意を説いた「答鍋島摂州殿下近侍書」、病中の修行の用心を説いた「遠方ノ病僧ニ贈リシ書」、そして『法華経(ほけきょう)』に関する疑問に答えた「法華宗ノ老尼ニ贈リシ書」およびその付録1編を付した三巻本であった。再版は2年後で、白隠の弟子慧梁(えりょう)によって初版本に「答念仏与公案優劣如何問書」「答客難」が増補された。[船岡 誠]
『白隠和尚全集編纂会編『白隠和尚全集 第5巻』(1934~35・龍吟社) ▽伊豆山善太郎訳注『遠羅天釜』(1984・春秋社・仮名法語白隠文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠羅天釜の関連キーワード耕隠智訓霊源慧桃剛堂宗健白隠夜船閑話慧鶴白隠慧鶴禅師愚庵(1)正宗国師

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone