コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠羅天釜 おらてがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠羅天釜
おらてがま

江戸時代の臨済宗僧白隠慧鶴 (はくいんえかく) の著書。3巻,続集1巻。寛延2 (1749) 年刊。坐禅に対する白隠の思想を知るうえに重要な書物。このなかで動中の工夫,不断坐禅を説き,上は君主や武士から下は農民女子にいたるまで,それぞれの職業仕事のうえに不断坐禅を生かしていくべきであるとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おらてがま〔をらてがま〕【遠羅天釜】

江戸中期の仮名法語集。3巻。寛延2年(1749)刊。白隠慧鶴(はくいんえかく)著。禅に対する考え方や武士の参禅、病中の修行の用意、さらに法華経観を語ったもの。遠羅天賀麻。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おらてがま【遠羅天釜】

江戸中期の仮名法語集。1749年刊。白隠慧鶴えかく著。三巻。白隠禅の中心思想を平易に述べたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠羅天釜
おらてがま

江戸中期の禅僧、白隠慧鶴(はくいんえかく)が著した仮名書きの法語。書名は、白隠が常用した茶釜(ちゃがま)の名にちなむ。生前にも二度出版され広く読まれた。初版は1749年(寛延2)に出版され、養生(ようじょう)法としての内観(ないかん)の修行法に始まり参禅一般の注意を説いた「答鍋島摂州殿下近侍書」、病中の修行の用心を説いた「遠方ノ病僧ニ贈リシ書」、そして『法華経(ほけきょう)』に関する疑問に答えた「法華宗ノ老尼ニ贈リシ書」およびその付録1編を付した三巻本であった。再版は2年後で、白隠の弟子慧梁(えりょう)によって初版本に「答念仏与公案優劣如何問書」「答客難」が増補された。[船岡 誠]
『白隠和尚全集編纂会編『白隠和尚全集 第5巻』(1934~35・龍吟社) ▽伊豆山善太郎訳注『遠羅天釜』(1984・春秋社・仮名法語白隠文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遠羅天釜の関連キーワード白隠禅

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android