コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方方/旁 カタガタ

デジタル大辞泉の解説

かた‐がた【方方/×旁】

[名]
(方方)「人々」の敬称。かたたち。「お世話になった―」
あちこちの貴人の部屋。
「あまたの御―を過ぎさせ給ひて」〈・桐壺〉
いろいろの方角・場所。また、いろいろの方面の事柄。あちらこちら。ほうぼう。あれこれ。
「男君達はみな、…―に流され給ひて」〈大鏡・時平〉
[代]尊敬の意を含んだ二人称の人代名詞。本来は複数をさすが、単数にも用いる。
あなたがた。みなさん。
「―は定めて聞き及ばせ給ひたる事も候ふらん」〈太平記・五〉
あなた。
「―のお名をば何と申すぞ、と問へば」〈虎清狂・鈍根草〉
[副]
いろいろなことをするさま。あれこれ。さまざま。なにやかや。
「私の御事をし給はむと、―劣らずしつらはれて」〈宇津保・沖つ白浪〉
いろいろの所へ向かうさま。あちこち。ほうぼう。
「―に鳴きてわかれし群鳥(むらどり)の古巣にだにも帰りやはする」〈風雅・雑下〉
いろいろのことを考え合わせるさま。いずれにしても。どっちみち。
「かれと言ひこれと言ひ―難治の様にて候」〈平家・一〉
[接]二つ以上の事実、状態が併存することを表す。一方で。さらに。
「代々武道の御心がけ深くおわしまし、―、歌道茶事までも」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書〉
[接尾]
動作性の意をもった名詞に付いて、二つの動作を兼ねて行う意を表す。…のついでに。…がてら。…を兼ねて。「食後の運動―散歩する」「墓参―帰省する」「ご挨拶―お礼まで」
物事を表す名詞に付いて、そのことがあれやこれやとあっての意を表す。
「そんな事―で、私の著訳書は…古風な人の気に入る筈はない」〈福沢福翁自伝
[補説]は多く「旁」と書く。また、1は「旁旁」とも書く。

ほう‐ぼう〔ハウバウ〕【方方】

いろいろな方面。あちこちの場所。副詞的にも用いる。「方方から情報を集める」「方方に火の手があがる」「方方旅行する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうぼう【方方】

( 名 )
いろいろな方角・場所。あちこち。副詞的にも用いる。 「 -の会社に申し込む」 「 -さがしまわる」
( 名 ) スル
あちこちに奉公すること。また、あちこちをうろつくこと。 「おのれが年まで-して、一文字引く事も読む事もならぬとは/浄瑠璃・碁盤太平記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

方方/旁の関連キーワード貴方方・彼方方ツングース諸語愛媛県新居浜市セルジューク朝ルーマニア語バビロニア語ペリオイコイタジク[人]ダイグロシアアッシリア語大刀洗飛行場中市 謙三碁盤太平記安藤 正次タジク語洪武正韻方方・旁強制連行奥野月琴上杉房顕

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android