コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遽然 キョゼン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ぜん【×遽然】

[副]にわかであるさま。突然。
「忽ち耳を貫く喧囂(けんごう)に、彼は―其眼を開いたのである」〈木下尚江良人の自白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょぜん【遽然】

( 副 )
急なさま。あわてるさま。突然。 「 -として室内に足音あり/蜃中楼 柳浪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遽然の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸柳浪

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android