コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突然 トツゼン

デジタル大辞泉の解説

とつ‐ぜん【突然】

[ト・タル][文][形動タリ]予期しないことが急に起こるさま。だしぬけであるさま。突如。
「―として平野次郎が大変ありと言出(いいいず)るにぞ」〈染崎延房・近世紀聞〉
[副]に同じ。「突然大声を出す」「突然訪問する」
[用法]突然・不意に――「突然(不意に)電車が急停車した」「笛の音が突然(不意に)やんだ」など、急に事が起こる意では相通じて用いられる。◇「突然」は、前触れなしに急に何かが起こるさまに意味の重点がある。「突然大音響が聞こえた」「突然のお話で戸惑っております」◇「不意に」は、思ってもいなかったことが起きて驚き、当惑する気持ちに意味の重点がある。「不意にけいれんが起こった」「不意に飛び出してきた」◇類似の語に「いきなり」がある。「いきなり殴るとはひどい」「初出場でいきなり優勝した」のように、一足飛びに何かをするさまの意で、上の二例では「突然」「不意に」とは置き換えられない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

突然

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、FIELD OF VIEW。1995年発売。作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎。大塚製薬の清涼飲料「ポカリスエット」のCMソング。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

とつぜん【突然】

( 副 )
予想外の物事が前触れもなく急に起こるさま。だしぬけに。いきなり。突如。 「 -笑い出す」 「 -のことで判断できない」
( 形動 )
に同じ。 「あまり-な出来事だったので…」 「質問が-だったものですから」
( 形動タリ )
に同じ。 「美人を王女と見たりけん、-として嚙みつけば/読本・弓張月
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

突然の関連キーワード急性死/突然死(ポックリ病)――心臓死を中心としてスフォルツァンド[sforzando(伊)]シストランス位置効果頭から水を浴びたよう突然変異誘発物質意外なめぐり合いミューテーション突然変異誘起物染色体突然変異遺伝子突然変異チェトベリコフサプレッション突然変異育種法ミュータント突然変異育種人為突然変異青天の霹靂降って湧く表現型模写抑制遺伝子

突然の関連情報