コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突然 トツゼン

2件 の用語解説(突然の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とつ‐ぜん【突然】

[ト・タル][文][形動タリ]予期しないことが急に起こるさま。だしぬけであるさま。突如。
「―として平野次郎が大変ありと言出(いいいず)るにぞ」〈染崎延房・近世紀聞〉
[副]に同じ。「突然大声を出す」「突然訪問する」
[用法]突然・不意に――「突然(不意に)電車が急停車した」「笛の音が突然(不意に)やんだ」など、急に事が起こる意では相通じて用いられる。◇「突然」は、前触れなしに急に何かが起こるさまに意味の重点がある。「突然大音響が聞こえた」「突然のお話で戸惑っております」◇「不意に」は、思ってもいなかったことが起きて驚き、当惑する気持ちに意味の重点がある。「不意にけいれんが起こった」「不意に飛び出してきた」◇類似の語に「いきなり」がある。「いきなり殴るとはひどい」「初出場でいきなり優勝した」のように、一足飛びに何かをするさまの意で、上の二例では「突然」「不意に」とは置き換えられない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とつぜん【突然】

( 副 )
予想外の物事が前触れもなく急に起こるさま。だしぬけに。いきなり。突如。 「 -笑い出す」 「 -のことで判断できない」
( 形動 )
に同じ。 「あまり-な出来事だったので…」 「質問が-だったものですから」
( 形動タリ )
に同じ。 「美人を王女と見たりけん、-として嚙みつけば/読本・弓張月
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突然の関連キーワード果然些些堂堂漠然判然茫漠漫漫黙念広漠恬淡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

突然の関連情報