コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふと フト

デジタル大辞泉の解説

ふ‐と

[副]
はっきりした理由や意識もないままに事が起こるさま。思いがけず。不意に。ふっと。「ふと立ち止まる」「夜中にふと目がさめた」
素早く容易に行われるさま。すぐに。即座に。
「竜あらば、―射殺して」〈竹取
動作の敏速なさま。つっと。
「猫また、あやまたず足もとへ―寄り来て」〈徒然・八九〉
[補説]「不図」「不斗」などと当てても書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ふとの関連キーワード奇想天外より落つ義太夫三味線ふとん乾燥機ベッドパッド胸に浮かぶ小膝を打つふとんの日魔が差す耳に挟む耳に入る向か伏す天太玉命サガレンふとしも太絹・絁ふとしてふいと知り気股動脈傍ら方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふとの関連情報