コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふと フト

デジタル大辞泉の解説

ふ‐と

[副]
はっきりした理由や意識もないままに事が起こるさま。思いがけず。不意に。ふっと。「ふと立ち止まる」「夜中にふと目がさめた」
素早く容易に行われるさま。すぐに。即座に。
「竜あらば、―射殺して」〈竹取
動作の敏速なさま。つっと。
「猫また、あやまたず足もとへ―寄り来て」〈徒然・八九〉
[補説]「不図」「不斗」などと当てても書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ふとの関連キーワード奇想天外より落つベッドパッド義太夫三味線胸に浮かぶ小膝を打つふとしもふとして耳に挟む耳に入るサガレン太絹・絁魔が差す縦さらば天太玉命知り気目薬師股動脈傍ら方太物屋悲しび

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふとの関連情報