コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忽然 コツゼン

デジタル大辞泉の解説

こつ‐ぜん【×忽然】

[ト・タル][文][形動タリ]物事の出現・消失が急なさま。忽如(こつじょ)。こつねん。「忽然として消えうせる」
[副]にわかに。突然。
「―隣座敷の時計がチーンと鳴り始めた」〈漱石・夢十夜〉

こつ‐ねん【×忽然】

[ト・タル][文][形動タリ]こつぜん(忽然)」に同じ。
「其の眼(まなこ)の光に五体―と縮みて」〈木下尚江良人の自白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こつぜん【忽然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
物事が一瞬にして現れたり消えたりするさま。 「 -と姿を消す」
( 副 )
にわかに。突然。こつねん。 「さう云ふ想像に耽る自分を、-意識した時、はつと驚いた/雁 鷗外

こつねん【忽然】

( 副 )
こつぜん(忽然) 」に同じ。 「船底岩石に触あたつて凄夢せいむ-と破れ/いさなとり 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忽然の関連キーワードタゴール(Rabindranath Tagore)るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―コロノスのオイディプスルドルフ ディーゼルアッシャー家の崩壊クウェート(市)クズルガハ烽火台火星人ゴーホームエアーズロックキルタンサス忽・惚・骨跡を暗ますラディゲ新崎人生笠森お仙京極夏彦宇宙戦争万松行秀トタル露伴

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忽然の関連情報