コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郢曲抄 エイキョクショウ

世界大百科事典 第2版の解説

えいきょくしょう【郢曲抄】

音楽書。1巻。《梁塵秘抄口伝集》巻十一ともいう。同巻十二,十三,十四とともに,異本口伝集とも呼ばれる。内容は《梁塵秘抄口伝集》巻十と重なる点があるが,後白河院の撰ではなく,別人の手になるものとみられている。成立は内容から治承(1177‐81)のころかというが不明。神楽歌,催馬楽(さいばら),風俗(ふぞく),朗詠今様など,平安時代のさまざまな歌謡についての歌い方や由来などを記す。梁塵秘抄口伝集【外村 南都子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいきょくしょう【郢曲抄】

平安後期の音楽書。後白河法皇著といわれるが不明。一巻。治承(1177~1181)頃の成立。神楽・催馬楽さいばら・朗詠・今様いまよう・宴曲などの謡い方、歌謡の由来などを記す。「梁塵秘抄口伝集巻一一」と内容は同一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郢曲抄の関連キーワード郢曲宴曲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android