都々逸坊扇歌(5代)(読み)どどいつぼう せんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都々逸坊扇歌(5代) どどいつぼう-せんか

1858-1912 明治時代の落語家,音曲師。
安政5年3月14日生まれ。初代柳亭(のち談洲楼)燕枝(えんし)の弟子となり,楽枝(らくし),むじなをへて明治16年ごろ柳家つばめ(初代)と改名。仙台節をうたって人気を博す。35年5代都々逸坊扇歌を襲名した。明治45年6月29日死去。55歳。本名は岡谷喜代松。旧姓は西村。
【格言など】束(つか)の間に土となりけり春の雪(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android