コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都々逸坊扇歌(5代) どどいつぼう せんか

1件 の用語解説(都々逸坊扇歌(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都々逸坊扇歌(5代) どどいつぼう-せんか

1858-1912 明治時代の落語家,音曲師。
安政5年3月14日生まれ。初代柳亭(のち談洲楼)燕枝(えんし)の弟子となり,楽枝(らくし),むじなをへて明治16年ごろ柳家つばめ(初代)と改名。仙台節をうたって人気を博す。35年5代都々逸坊扇歌を襲名した。明治45年6月29日死去。55歳。本名は岡谷喜代松。旧姓は西村。
【格言など】束(つか)の間に土となりけり春の雪(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

都々逸坊扇歌(5代)の関連キーワード光の科学史安政の大獄ケズウィックバーブ明治天皇大正バルカン戦争小林良典ペリー安田雷洲

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone