コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都々逸坊扇歌(5代) どどいつぼう せんか

1件 の用語解説(都々逸坊扇歌(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都々逸坊扇歌(5代) どどいつぼう-せんか

1858-1912 明治時代の落語家,音曲師。
安政5年3月14日生まれ。初代柳亭(のち談洲楼)燕枝(えんし)の弟子となり,楽枝(らくし),むじなをへて明治16年ごろ柳家つばめ(初代)と改名。仙台節をうたって人気を博す。35年5代都々逸坊扇歌を襲名した。明治45年6月29日死去。55歳。本名は岡谷喜代松。旧姓は西村。
【格言など】束(つか)の間に土となりけり春の雪(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

都々逸坊扇歌(5代)の関連キーワード桂文枝(2代)三笑亭可楽(5代)三遊亭円馬(初代)三遊亭円遊(2代)春風亭柳枝(2代)笑福亭仁鶴橘家円蔵(2代)橘家円太郎(3代)遠山弘湖林屋正蔵(4代)