コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都加使主 つかのおみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都加使主
つかのおみ

東漢 (やまとのあや) 氏の祖という伝説的人物。『日本書紀』によれば,応神天皇の 20年に父の阿知使主とともに一族 17県の人を率いて来朝したという。以後,仁徳,雄略天皇時代に重用され,東漢氏発展の基礎を築いたという。 (→東漢直 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都加使主 つかのおみ

「日本書紀」にみえる渡来人
阿知使主(あちのおみ)の子。父は東漢(やまとのあや)氏の祖。応神天皇のとき父とともに渡来。雄略天皇死去の際,大伴室屋(むろや)とともに星川皇子の乱を鎮圧,清寧(せいねい)天皇即位につくしたとされる。都賀使主,東漢掬(つか)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都加使主
つかのおみ

古代の渡来系豪族東漢(やまとのあや)氏の伝説的祖先。『日本書紀』によれば、5世紀初頭の応神(おうじん)天皇のときに父阿知使主(あちのおみ)とともに一族17県(あがた)の人々を率いて渡来し、のちに呉(ご)に派遣されて呉王より縫織工女(きぬぬいめ)4名を賜って帰国したという。『書紀』にはこれとは別に、5世紀後半の雄略(ゆうりゃく)朝に「東漢直掬(あたいつか)」なる人物が渡来人技術者集団を管理し、雄略死後の皇位継承をめぐる混乱の収拾にも尽力したことを記述しているが、都加使主はこの掬の名を祖先の渡来伝承に遡及(そきゅう)させて組み入れたものとみられる。[菊地照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の都加使主の言及

【阿知使主】より

…そのあと,故郷の百済と高句麗の間に,才芸にすぐれた人民男女が多くいるので,それを連れてくることを願い,実現せしめたという。この説話は,倭漢より新しい今来(新)漢人(いまきのあやひと)の渡来に関するもので,呉から縫工女をつれかえったともいわれ,雄略天皇のとき,阿知使主の子都加使主(つかのおみ)にかかわる所伝とする方が正しいであろう。《古事記》は,倭漢直の祖を阿知直と記しており,阿知使主と阿直岐(あちき)(阿知吉師,阿直史)との混同がみとめられる。…

【東漢掬】より

…5世紀後半ころの廷臣。都加使主(つかのおみ)とも書く。《日本書紀》《古事記》の伝えによれば,応神朝に父の阿知使主(あちのおみ)とともに中国系と称して朝鮮半島から渡来し,同朝の末年に父とともに呉(くれ)(中国江南の地)の国に遣わされて縫織の工女を伴い帰った。…

※「都加使主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都加使主の関連キーワード山木直檜隈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android