コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都農[町] つの

百科事典マイペディアの解説

都農[町]【つの】

宮崎県中部,日向灘(ひゅうがなだ)に面する児湯(こゆ)郡の町。洪積台地が広く,西部は大部分山林で国有林が多い。木材,果樹花卉(かき)などを産し,ウニを特産。日豊(にっぽう)本線,東九州自動車道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つの【都農[町]】

宮崎県中部,日向灘に面する児湯(こゆ)郡の町。人口1万2618(1995)。古代に都濃馬牧が置かれた地で,江戸時代は高鍋藩秋月氏の支配下にあり,藩の牧場があった。西部は尾鈴山(1405m)を主峰とする山地が占め,国有林を主体に山林が広がる。中央部から東部海岸地帯にかけては丘陵性の洪積台地が連なり,東流する名貫川,都農川,心見川沿いに耕地が開け,集落が点在する。台地上では畜産をはじめ,野菜,ミカン,ブドウなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都農[町]の関連キーワード都農神社

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都農[町]の関連情報