コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都農神社 つのじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

都農神社【つのじんじゃ】

宮崎県都農町に鎮座。旧国幣小社。大己貴(おおなむち)命をまつる。神武天皇東征の際に,ここを出発点としたので奉斎したのが起源とされる。延喜式内社とされ,日向(ひゅうが)国の一宮。
→関連項目都農[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

都農(つの)神社

宮崎県児湯郡都農町にある神社。創祀は不明。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。日向国一之宮。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都農神社
つのうじんじゃ

宮崎県児湯(こゆ)郡都農(つの)町大字川北に鎮座。大己貴命(おおなむちのみこと)を祀(まつ)る。当社の創祀(そうし)は、神武(じんむ)天皇が日向(ひゅうが)国(宮崎県)を発幸し、大和(やまと)国に向かわれるとき鎮祭されたのに始まるという。『続日本紀(しょくにほんぎ)』に官社にあずかったことがみえ、従(じゅ)五位下が授けられている。『三代実録』には従四位上が授けられたことがみえ、延喜(えんぎ)式内社でもある。日向国一宮(いちのみや)で、とくに疫病に対し神験があるとされている。1871年(明治4)に国幣小社に加列。例祭は12月5日。夏祭8月1~2日。冬祭12月4~5日。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の都農神社の言及

【都農[町]】より

…砂浜の続く海岸には小漁港があり,特産物の都農ウニは有名。日向国一宮の都農神社があり,町の西部は尾鈴県立自然公園に属し,尾鈴山瀑布群(名)がある。海岸線に沿って日豊本線,国道10号線が走る。…

※「都農神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都農神社の関連キーワード宮崎県児湯郡都農町都農(町)つの