重要美術品(読み)ジュウヨウビジュツヒン

百科事典マイペディアの解説

重要美術品【じゅうようびじゅつひん】

すぐれた美術品や歴史資料の海外流出防止のため,1933年制定された〈重要美術品等の保存に関する法律〉により指定されたもので,国宝に次ぐもの。文化財保護法(1950年)の制定により,その名称は廃止されたが,重要文化財に次ぐものという意味でまだ慣用されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重要美術品
じゅうようびじゅつひん

1933年(昭和8)公布の「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」によって認定された美術品。旧国宝に準ずる価値のものとされていたが、50年(昭和25)の「文化財保護法」の制定とともにその認定の制度は廃止された。しかしこれら名品の海外流出などを防ぐため、先の法律はいまなお有効である。50年当時8237件あったなかから価値の高いものを重要文化財に組み入れる選考が続けられてきたが、まだその指定にあずからないもの(約7000件)が、現在も重要美術品として存続している。

[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうよう‐びじゅつひん ヂュウエウ‥【重要美術品】

〘名〙 昭和八年(一九三三)公布の重要美術品等の保存に関する法律によって、歴史上・芸術上重要な価値があると認定された準国宝級の美術品(絵画・彫刻・建造物・文書・典籍・書跡・刀剣・工芸品など)および考古資料をいう。その輸出、移出には関係各大臣の許可を必要とする。同二五年文化財保護法の制定以後、この名称は廃止されたが、現在も輸出などは禁止されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重要美術品の言及

【国宝】より

…このとき宝物類3705件,建造物845件が国宝に指定されている。また1933年に美術品の海外流出にたいする防止策として重要美術品等の保存に関する法律が定められ,重要美術品の認定は文化財保護法ができるまでつづいた。50年の文化財保護法の制定は,49年の法隆寺金堂壁画の焼失が機縁になっている。…

【文化財】より

…ところが1897年の国宝保存法は,社寺の宝物のみを対象としており,第1次世界大戦後の不況で個人所有の宝物が多く海外に流出した。1929年の新しい国宝保存法により個人所有の宝物にも保護が及ぶように改正され,国宝のほかに流出するおそれのあるものを重要美術品と選定した。第2次世界大戦後,これらの法律を廃止し,50年,参議院において議員立法第1号として文化財保護法が制定され,一括した総合的法体系が完成した。…

※「重要美術品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報