コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田宇太郎 のだ うたろう

美術人名辞典の解説

野田宇太郎

詩人・評論家。福岡県生。第一詩集『北の部屋』を刊行後、上京して終戦前後期の文芸誌『新風土』『新文化』『文芸』の編集者として活躍した。戦後雑誌『芸林間歩』の編集者として気品ある編修を謳われる一方、「文学散歩」シリーズで近代文学研究の新分野を開いた。『日本耽美派文学の誕生』等の著がある。昭和59年(1984)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田宇太郎 のだ-うたろう

1909-1984 昭和時代の詩人,評論家。
明治42年10月28日生まれ。雑誌「新風土」「芸林間歩(かんぽ)」編集のかたわら,詩集「旅愁」,評論「日本耽美(たんび)派の誕生」などを刊行。「新東京文学散歩」にはじまる文学散歩シリーズで知られる。昭和59年7月20日死去。74歳。福岡県出身。第一早稲田高等学院中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野田宇太郎
のだうたろう
(1909―1984)

詩人、評論家。福岡県立石村(現小郡市)に生まれる。県立朝倉中学卒業後、早稲田(わせだ)第一高等学院に学ぶ。1940年(昭和15)以後、『新風土』『新文化』『文芸』『芸林間歩(かんぽ)』の編集に携わるかたわら、『旅愁』『すみれうた』など叙情的な詩集を刊行、戦中戦後の編集者時代の記録『灰の季節』『混沌(こんとん)の季節』を残した。文芸評論としては明治末期の浪漫(ろうまん)主義研究に新生面を開き、『パンの会』(1949)、『日本耽美(たんび)派文学の誕生』(1951)、『きしのあかしや』(1955)、『瓦斯燈(ガスとう)文芸考』(1961)などを発表。また「文学散歩」の創始者として『新東京文学散歩』(1951)をはじめとする28冊の著作をまとめ、文学史跡の記念保存に力を尽くした。76年(昭和51)『日本耽美派文学の誕生』により芸術選奨文部大臣賞を受賞。[近藤信行]
『『野田宇太郎文学散歩』24巻・別巻四(1977~85・文一総合出版) ▽『定本野田宇太郎全詩集』全一巻(1982・蒼土舎)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野田宇太郎の関連キーワード新ロマン主義(日本)野田 宇太郎木下杢太郎昭和時代耽美主義パンの会詩人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android