コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野見山暁治 のみやまぎょうじ

百科事典マイペディアの解説

野見山暁治【のみやまぎょうじ】

洋画家。福岡県生れ。1943年東京美術学校卒。1942年春陽会初入選。1943年応召。1948年上京し,自由美術家協会展に出品。1950年初個展。1952年から1954年渡欧。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野見山暁治 のみやま-ぎょうじ

1920- 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正9年12月17日生まれ。昭和23年自由美術家協会展で協会賞。27年フランスにわたり,椎名其二(そのじ)の影響をうける。33年「岩上の人」が安井賞。39年帰国。47-56年母校東京芸大の教授。平成4年芸術選奨。12年文化功労者。心象風景を独特の有機的形態でえがく。戦没画学生慰霊美術館「無言館」の開設・運営につくしたとして信濃デッサン館館主窪島誠一郎とともに17年菊池寛賞。26年文化勲章。福岡県出身。随筆に「四百字のデッサン」(昭和53年日本エッセイスト・クラブ賞)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野見山暁治の関連キーワード鴨居 玲

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野見山暁治の関連情報