コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚市 いいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯塚〔市〕
いいづか

福岡県中部,嘉穂盆地の中心で,遠賀川流域にある市。 1932年市制施行。 1963年二瀬町,幸袋町,鎮西村と,2006年筑穂町,穂波町,庄内町,頴田町とそれぞれ合体。中心市街地の飯塚は江戸時代長崎街道に沿った参勤交代の宿場町,筑前六宿の一つとして繁栄。 1882年鯰田炭鉱の採掘開始以来,多くの大炭鉱が開発され,1950年頃まで筑豊炭田にある代表的都市の一つとして発展,最盛期には 110をこす炭鉱から年産 500万t以上を産出。しかし 1955年頃から始まった石炭産業合理化政策の影響を受けて,麻生鉱業,三菱鉱業などの大手炭鉱が次々に閉山し,1970年には全炭鉱が姿を消した。その後産炭地域振興事業として,電機部品,食品,衣類,タングステン,機械などの工場が進出。農業は稲作が中心。東部に鹿毛馬神籠石 (→神籠石 ) ,西部に大分廃寺塔跡 (いずれも国指定史跡) ,中部に国指定天然記念物の鎮西のカツラがある。立岩遺跡から出土した中国の前漢鏡は国の重要文化財。市街地の北西にある勝守公園からは嘉穂盆地が一望できる。一部は太宰府県立自然公園に属する。 JR筑豊本線,篠栗線,国道 200号線,201号線,211号線が通じる。面積 214.07km2(境界未定)。人口 12万9146(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

飯塚市の関連キーワード福岡県飯塚市庄内元吉福岡県飯塚市筑穂元吉福岡県飯塚市新立岩福岡県飯塚市大日寺福岡県飯塚市新飯塚福岡県飯塚市舎利蔵福岡県飯塚市東徳前福岡県飯塚市下三緒福岡県飯塚市鶴三緒福岡県飯塚市菰田西福岡県飯塚市菰田東福岡県飯塚市蓮台寺福岡県飯塚市吉原町福岡県飯塚市伊岐須福岡県飯塚市芳雄町福岡県飯塚市西徳前福岡県飯塚市太郎丸福岡県飯塚市柏の森福岡県飯塚市明星寺福岡県飯塚市有井

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯塚市の関連情報