コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子テレポーテーション りょうしてれぽーてーしょんquantum teleportation

知恵蔵の解説

量子テレポーテーション

量子もつれを生かし、物質の状態をそっくり迅速に遠くへ移すこと。もつれた粒子対(EPR対)の片方を送り手が、他方を受け手がもつ。送り手の粒子を第三の粒子ともつれさせ、この観測結果を通常通信で受け手に知らせると、その情報を使って受け手の粒子に第三の粒子の状態を再現できる。光子の偏光や電子スピンなどで研究が進んだが、1998年、古澤明(現・東大助教授)ら米カリフォルニア工科大などのグループが、電磁場という連続量でも実現した。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐テレポーテーション〔リヤウシ‐〕【量子テレポーテーション】

原子や光子の量子力学的状態を、空間的に離れた場所にある他の原子や光子で再現すること。元の原子や光子を異なる場所に移すのではなく、その量子状態のみの転送を指し、量子力学的に相関をもつ二つの粒子(量子もつれの関係にある粒子対)と古典物理学的な情報伝達(光速を越えない通常の通信)を組み合わせて行う。その際、元の原子や光子の量子状態は失われ、また光速を越えて転送することはできない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

量子テレポーテーション

光子(光の粒子)に乗せた情報を瞬時に他の場所へ転送する技術。物理的に離れた二つの粒子が互いに影響を及ぼしあう「量子もつれ」と呼ばれる物理現象を利用して情報の転送を行うもので、SFに登場する大きな物質の瞬間移動とは異なる。1997年にオーストリアの研究者によって実証されたが、この時の手法は転送効率が悪く、受け取った情報の転用もできないなど、実用化に向けた大きな課題があった。2013年、東京大学の研究チームが、従来の欠点を克服した完全な「量子テレポーテーション」に世界で初めて成功。超高速の処理性能を持つ「量子コンピュータ」の基本技術になると期待されている。

(2013-8-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

量子テレポーテーション
りょうしてれぽーてーしょん
quantum teleportation

量子もつれ(量子エンタングルメントquantum entanglement)と古典的情報伝達を併用することにより、離れた場所に量子状態を転送する手法。量子もつれの関係にある二つの量子は、一方の状態を観測すると、もう一方の状態が瞬時に確定することからテレポーテーションとよぶもので、量子が瞬間移動するということではない。量子もつれの関係にある二つの量子はEPRパラドックスにちなみ、EPR相関をもつEPRペアとよぶ。そのようなEPRペアである光子対を作成し、伝えたい情報を付加し、他の場所に伝送後、伝送前の光子対を観測した結果を伝送先に古典的情報手段で伝える。その情報を使い、伝送後の光子対を復元すると、伝えたい情報が再現される。伝送路の途中で、盗聴のような操作が入ると、量子もつれの状態が変化して、伝送後には状態変化が明示されるので、盗聴の有無を判別できる。このことは量子暗号に使われる。また、盗聴以外でも伝送時に何かの誤差が入り込んだ場合にも状態変化がわかるので、計算の結果が正しく伝送されたことを証明するエラー補正として量子コンピュータにも使用が検討されている。
 1997年にオーストリアの量子物理学者、アントン・ツァイリンガーAnton Zeilinger(1945― )らが条件付きでの量子テレポーテーションの実験に成功、さらに1998年(平成10)以降、物理学者の古澤明(1961― )らが無条件での量子テレポーテーションの実験に成功した。2004年(平成16)には3者間、2009年には9者間の量子テレポーテーションに成功し、量子もつれを使う情報通信ネットワークを構築しつつある。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

量子テレポーテーションの関連キーワード量子クローニング禁止定理量子情報科学現代物理学グラウバー量子縺れレーザー光学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android