コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金婚式 きんこんしきgolden wedding

翻訳|golden wedding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金婚式
きんこんしき
golden wedding

結婚 50年目を祝う祝賀式。光沢が美しく容易に変質しない金にあやかって金婚式という。元来西欧風習で明治年間に日本に伝わった。現在では家族や親しい知人などが集り,夫婦に贈り物をしたりする行事となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きんこん‐しき【金婚式】

golden wedding》結婚50周年を祝う式。また、その祝い。→結婚記念式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金婚式【きんこんしき】

結婚記念式

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きんこんしき【金婚式】

結婚五〇周年を祝って行う式。 〔英語 golden wedding の訳語。「風俗画報」七一号(1894年)にある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金婚式
きんこんしき
golden wedding

結婚して50年目を、夫婦そろって祝う式のこと。夫婦で長い人生を乗り越えてきた意義を、家族・親族・知人などを招いて祝う。おもに父母や祖父母のために、子供や孫が主催して祝う会を催す。結婚式を祝う風習は、ドイツで始まり、その後ヨーロッパ全域に広まった。1624年に銀婚式、1860年に金婚式が行われたのが最初である。招かれた人は、お祝いにこの会のシンボル(金)にちなんだ品、また対(つい)になったものなどを選んで贈る。たとえば、金の入った蒔絵(まきえ)の漆器、金杯、金を絵柄に使った紅茶茶碗(ぢゃわん)などが喜ばれる。当事者は、引出物として、袱紗(ふくさ)、金のスプーン、祝い菓子などを用意し、内祝ののし紙をかけて配ったりする。最近は金の紙に包んだチョコレートなどもよく使われている。[石川朝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金婚式の関連キーワードゴールデンウエディング金婚式/銀婚式俳句(文学)結婚記念日川北元助風俗画報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金婚式の関連情報