コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木万里(初代) すずき ばんり

2件 の用語解説(鈴木万里(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木万里(初代) すずき-ばんり

?-1816 江戸時代中期-後期の長唄唄方。
江戸の人といわれ,初代荻江露友(おぎえ-ろゆう)の門弟とされる。江戸市村座にでたが,のち大坂にいき,天明4年中の芝居に出演,好評を博す。「長唄の親玉」と称され,上方に江戸長唄や豊後節を普及させた。文化13年7月29日死去。前名は鈴木熊次郎。後名は鈴木亀寿斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木万里(初代)

没年:文化13.7.29(1816.8.22)
生年:生年不詳
江戸後期の長唄唄方。初代荻江露友の門弟と伝えられる。安永3(1774)年に江戸市村座に鈴木熊次郎の名で出演した記録があるが,活動の中心は後年に上った大坂であった。天明3(1783)年ごろ,大坂角の芝居に出演したのをはじめ,同年の大坂中の芝居ではメリヤス唄浄瑠璃を唄うなど,江戸長唄を大坂に広めた功績は大きい。寛政7(1795)年ごろ,大坂の劇場専属の唄方となり,長唄ばかりでなく豊後節系浄瑠璃の太夫(語り手)も勤め好評を得る。それも美声と洗練された唄いぶりがあってこそであろう。文化5(1808)年に亀寿斎と改名。鈴木万里の名跡は4代まで続いた。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木万里(初代)の関連キーワード岡安喜三郎(初代)荻江ひさ荻江露友(初代)荻江露友(2代)荻江露友(3代)荻江露友(4代)永島富士蔵西川奥蔵錦屋惣次(初代)富士田音蔵(初代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone