鈴木雅之(読み)すずき まさゆき

  • すずきまさゆき
  • 鈴木雅之 すずき-まさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1837-1871 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)8年4月生まれ。和歌神山魚貫(なつら)にまなぶ。国学者伊能頴則(いのう-ひでのり)にみとめられ,維新後,大少助教,神祇官(じんぎかん)宣教使中講義生となった。明治4年4月21日死去。35歳。下総(しもうさ)埴生郡(千葉県)出身。名ははじめ昌之。号は霞山,霞堂など。著作に「撞賢木(つきのさかき)」「天津祝詞(あまつのりと)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1838‐72(天保9‐明治5)
幕末・維新期の国学者,神道学者。通称一平,霞堂と号す。下総の農家の生れ。平田篤胤の影響を受けながら,独力和漢の学を修得。歌は神山魚貫(なつら)に学び,とくに長歌を得意とした。維新後,伊能穎則によってその学識を認められ,大学少助教ついで宣教使中講義生に抜擢されたが,志なかばにして急逝した。主著の《撞賢木(つきのさかき)》をはじめ,《古事記訳解》《日本書紀名物正訓》《民政要論》《歌学正言》など著書は多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]天保8(1837).下総
[没]明治4(1871).4.21?
江戸時代後期の国学者。農民出身。神山魚貫,伊能穎則に和歌,国学を学び,さらに平田派国学を学んで,一家の見を立てた。維新後,宣教中講義生となり,まもなくした。著書『撞賢木』『民政要治』『歌学正言』『古事記訳解』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

幕末の国学者。通称は一平、昌之。号は霞山、霞岳、霞堂。下総国(千葉県)の生まれ。伊能穎則(ひでのり)に師事。和漢の学、皇典の学に専心し、特に古道では平田派に通じて一家の見識をもった。維新後、明治政府に出仕。著に「撞賢木(つきのさかき)」「古事記訳解」「歌学正言」など。天保八~明治四年(一八三七‐七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android