コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道事業法 てつどうじぎょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道事業法
てつどうじぎょうほう

昭和 61年法律 92号。鉄道事業などの運営を適正かつ合理的なものとすることにより,鉄道などの利用者の利益を保護するとともに,鉄道事業などの健全な発達をはかることを目的とする法律。 1987年の国鉄改革に際し,地方鉄道法などを廃止して制定された。鉄道事業を鉄道線路の敷設所有,運送事業の実施の有無によって第1種から第3種までに分け,それぞれを国土交通大臣免許制としているほか,運賃・料金の認可,事故などの報告など種々の事業規制を行なっている。ほかに索道事業専用鉄道などについても規定する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てつどうじぎょう‐ほう〔テツダウジゲフハフ〕【鉄道事業法】

鉄道索道事業の運営について規定した法律。昭和61年(1986)制定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄道事業法
てつどうじぎょうほう

鉄道事業に関する法律。昭和61年法律第92号。従来の規制法の体系は、旧日本国有鉄道(国鉄)に対する日本国有鉄道法と私鉄に対する地方鉄道法に二分されていたが、1987年(昭和62)の国鉄の分割・民営化に伴い一本化したもので、事業規制の見直し、事業形態の多様化への対応などを打ち出している。
 日本国有鉄道改革法等のいわゆる国鉄改革関連法の一環として制定された。国鉄が民営化された場合、新幹線保有機構(1992年解散)のリース事業や貨物鉄道会社の事業などはそのまま地方鉄道法を適用することが困難であり、そこで1919年(大正8)制定の地方鉄道法を抜本的に改正し、鉄道事業全般の統一法としたものである。ただ1900年(明治33)制定の鉄道営業法と1921年制定の軌道法は、そのまま残されている。
 鉄道事業法の内容の大きな特色としては、以下の2点があげられる。第一は、鉄道事業を第1種から第3種までに区分したことである。これは国鉄改革により、貨物鉄道事業が旅客鉄道事業の経営と分離されることや、新幹線の施設が旅客鉄道会社にリースされることに対応するとともに、今後の鉄道への資本投資を円滑にするため、鉄道事業の経営主体と所有主体との分離を認め、それぞれを独立の鉄道事業として位置づけたのである。第二は、従来の地方鉄道法と比較して、車両の検査や保線のありかたなどの基準を見直して、安全面の規制緩和を図っている点である。
 旅客輸送面での鉄道事業のいっそうの規制緩和を図るための改正法が、2000年(平成12)から施行。需給調整規制を廃止し、参入規制を免許制から許可制に、事業の廃止については許可制から1年前の事前届出制に移行した。
 鉄道では巨額の投資が必要なので新規参入はほとんどなく、他方廃止は許可制から届出制へと手続きが簡素化されたことに伴い、地方部での鉄道事業からの退出、すなわち撤退が加速化した。2002年改正では貨物鉄道事業の規制緩和が進められ、2006年改正では安全に対する責務が強化された。[土居靖範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉄道事業法の関連キーワードJR北海道のレール検査データ改ざん事件JR石勝線の特急脱線炎上事故運輸安全マネジメント評価地域公共交通活性化法交通政策基本法新交通システムスキーリフト上限運賃制度ロープウェー特定目的鉄道運輸統計交通事業鉄道事故輸送

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道事業法の関連情報