コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道博物館 テツドウハクブツカン

デジタル大辞泉の解説

てつどう‐はくぶつかん〔テツダウハクブツクワン〕【鉄道博物館】

埼玉県さいたま市にある鉄道専門の博物館。東京都千代田区にあった交通博物館を継承・発展させて平成19年(2007)開館。日本および世界の鉄道の歴史、鉄道の原理を説明した資料、実物の車両や模型が展示されている。愛称、鉄博(てっぱく)。
昭和23年(1948)に改組改称された交通博物館の旧称。
京都鉄道博物館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉄道博物館【てつどうはくぶつかん】

東日本鉄道文化財団が埼玉県さいたま市に設立した鉄道の歴史博物館。2007年10月14日の鉄道の日に開館した。略して鉄博(てっぱく)と呼ばれる。東日本旅客鉄道(JR東日本)創立20周年記念事業の一環として建てられた施設で,コンセプトは1,日本および世界の鉄道に関わる遺産・資料に加え,国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し調査研究を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

てつどうはくぶつかん 【鉄道博物館】

埼玉県さいたま市にある企業博物館。平成19年(2007)創立。愛称「鉄博(てっぱく)」。JR東日本創立20年を記念して開設。日本最大の模型鉄道ジオラマや鉄道に関する資料を展示する。前身は大正10年(1921)設立、平成18年(2006)に閉館した交通博物館。
URL:http://www.railway-museum.jp/top.html
住所:〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
電話:048-651-0088

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄道博物館
てつどうはくぶつかん

埼玉県さいたま市大宮区にある鉄道専門の博物館。東京・秋葉原にあった交通博物館を継承、発展させたもので、2007年(平成19)10月に開館した。公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営している。JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして建設され、その目的は次のようになっている。
 (1)日本および世界の鉄道にかかわる遺産・資料に加え、国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し、調査研究を行う「鉄道博物館」とする。(2)鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景を交えながら、産業史として物語る「歴史博物館」とする。(3)鉄道の原理・仕組みと最新(将来構想を含む)の鉄道技術について、子供たちが、模型やシミュレーション、遊戯器具等を活用しながら、体験的に学習する「教育博物館」としての性格もあわせもつ。
 延べ床面積は2万8200平方メートル、総収蔵品数は58万点にのぼる。展示は六つのゾーンに分かれている。メイン展示となるヒストリーゾーンでは、36両の実物車両、模型や資料などにより鉄道の歴史をたどることができる。エントランスゾーンには、車両運転が体験できるシミュレータホール、日本最大級のHOゲージ模型ジオラマなどがある。コレクションゾーンには、交通関係の図書3万4000冊を収蔵するライブラリーやコレクションギャラリーがある。そのほか、展示物を見るだけでなく、鉄道の原理や仕組みを模型やシミュレーションで学べるラーニングゾーン、屋外スペースでミニ列車の運転体験ができるパークゾーン、北側別棟で鉄道ホールを備えたノースウィングがある。
 JR大宮駅から埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)で鉄道博物館駅(大成駅を改称)下車、徒歩1分。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉄道博物館の言及

【交通博物館】より

…なお,今のところ本格的な航空博物館はない。日本の交通関係の博物館を代表する〈交通博物館〉は1912年鉄道院内に鉄道博物館掛を置いたのに始まり,21年東京駅北口の高架線下に〈鉄道博物館〉として発足した。38年国電御茶ノ水~神田間に新築された建物に移り,48年交通博物館(東京都千代田区神田須田町)と改称し,鉄道だけでなく,自動車,船舶,航空機をも含む総合交通博物館として発足した。…

※「鉄道博物館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄道博物館の関連キーワード三重県いなべ市大安町丹生川中大宮(埼玉県さいたま市)埼玉県さいたま市大宮区ヨーク(イギリス)世界のおもな博物館キンタノルマル公園ポートアデレード京王れーるランドカンチャナブリーSLキューロク館交通科学博物館扇形機関車庫ポルトベリョ0系新幹線科学博物館ユトレヒト1号機関車ミュルーズペンリン城一号機関車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道博物館の関連情報